僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩No.991【 人生 18 】の解説

2017-06-14 10:27:02 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.991
  1965.1.29.作

【 人 生 18 】

     にのみや あきら

人生
垣根のない畑で育ち
壁のない子供部屋で遊び
エレベーターにも乗らず
手摺のない
梯子で
登らなければならない


人間は
牛のように歩き
時計のように刻み
歯車のように嚙み合い
輪転機のように
働かなければならない


人生は
まめに働き
一生懸命努力して
焦らず、慎重に
優しく、親切に
寛大な心で
力強く、
正直に
生きなければならない


 NO.991.【 人生 18 】
          の解説

 この作品は、人生のあり方について述べた詩です。

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩No.990【 小 船 】の解説 | トップ | 僕の詩集No.1345【 ありのま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL