僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.107【 朝のポエジー 】

2016-10-15 12:09:03 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集No.107

【 朝のポエジー 】

冷たく澄んだ空気の中で

なにかが始まる

神も気づかぬ

夜明けのハーモニー



朝陽を含んだ空気の中で

なにかが始まる

神も知らない

ドラマの開幕



朝日に刺された空気の中で

なにかが始まる

神も気づかぬ

心のときめき


 NO.107.【朝のポエジー】
          の解説 
   1993.12.25.作

 この詩は、夜明けの早朝、一日の始まりの、喜びを詠んだ作品です。
 夜明けには、神にも分からない、人間だけにしか分からないときめきがある、と言った詩です。人間にしかわからないって、嬉しくなりますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1093【 愛につい... | トップ | 僕の詩の解説No.108【 私の情... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL