僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.574【 反骨に生きる 】

2017-04-06 06:38:34 | 詩の解説
   (再掲載)

 僕の詩集 No.574
  1999.1.9.作

【 反 骨 に 生 き る 】

     にのみや あきら


俺はなにをしているのだ
時間は止まらないのに
俺は止まっている


俺はなにをしているのだ
みんなが笑っているのに
俺は嬉しくない


俺はなにをしているのだ
空は青空なのに
俺の心に雨が降る


俺はなにをしているのだ
みんな死に向かっているのに
俺は生まれ変わろうと
頑張っている


 NO.574.【 反骨に生きる 】
          の解説

 この作品は、ある反骨人間を例に上げて、その反骨ぶりを詠った詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.573【 無 題 】 | トップ | 僕の詩の解説No.575【 文化の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL