僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.724【 逸脱した現代詩 】

2017-05-18 10:18:36 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.724
  2002.2.9.作

【 逸脱した現代詩 】
 
     にのみや あきら

侘び寂の存在しなくなった
現代詩
ちゃらちゃら着飾って
心が存在しない
本当の詩とは言えない
現代詩
散文ではない
俳句を見習うべきだ
短い文の中に
短いリズムの中に
心が躍動する
それが詩だ!


幽玄が存在しなくなった
現代詩
人間の本来の姿を
  振り返らせる力を失った
現代詩
心を幽玄から遠ざけ
自我に固まってしまった
現代詩
宗教を見習うべきだ
世紀を越えた教えの中に
大衆に親しまれる教えの中に
幽玄が漂う
それが詩だ!


NO.724.【 逸脱した現代          詩】の解説

 この作品は、私に言わせれば、歪んでしまった現代詩に対する、批判の詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.723【 本 物 】 | トップ | 僕の詩の解説No.726【 感 動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL