僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1313【 壁 】

2017-05-14 09:50:18 | 
【 壁 】

     にのみや あきら

壁と言うと
ベルリンの壁が浮かんでくる
人類の悲劇の壁である


仕事がうまく行かなく
         なったり
人生に行き詰ると
壁にぶつかったと言う
人間関係がうまく
      行かなくなると
壁で遮られた状態になる
住居の壁は住む人を
      守ってくれるが
どうも壁は
いい例には使われないようだ


大きな壁にぶつかる
だが知恵ある人間
壁を打破して進む
ベルリンの壁も
人類の知恵で
結局壊された
でないと平和はこない


壁を打破して前へ進む
壁を打破して
平和を勝ち取る
壁には負けない
それが人間だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.708【 変 革 】 | トップ | 僕の詩の解説No.709【 道 2 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL