僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1129【 朝 と 夜 】

2016-11-12 09:40:14 | 
 【 朝 と 夜 】

     にのみや あきら

なにかの始まり
一日の始まり
朝の始まり
朝は未知がいっぱいや
期待感で溢れている
今日の出来事はなにか
朝は清々しくて
喜びがいっぱい
早起きしないでは
いられない
早起きをして
新鮮な空気を
いっぱい吸って
夜が明けて行くのを
眺める
朝は命の始まり
それに比べて
日暮れは嫌だ
夜は眠りにつく
死を連想させられるから
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.153【 人生 2 】 | トップ | 僕の詩の解説No.154【 己 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL