僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1114【 駄洒落詩集 60 】

2016-10-31 10:43:32 | 
 【 駄洒落詩集 60 】

① 第一党だった✖✖党が、
    とうとう失墜した。

② 能を観にきた外人が、
  恐い能面を見て、
   オ~、ノ~と呟いた。

③ さっきまで使ってた
   フキン、
     君の付近にない?

④ キムラって、キムラの
  パン屋さんのことじゃあ
    ないよ。
  気分がむらな人のこと。

⑤ 国会に提出する書類を、
 官僚が準備を完了させた。

⑥ チョコは、僕は、
   ちょこっとでいいよ。
 あまり食べられないから。

⑦ 僕のアザを見て、
    あざ笑わないで!

⑧ ミッツさんが、
   ゲームをやって、
  三つ目をクリアーした。

⑨ どの商店が優勝するか、
   審査の焦点を
    見守ることにした。

⑩ お笑い合戦で、
 芸人が相手チームのネタを
    妬んだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1113【 手 】 | トップ | 僕の詩の解説No.134【 雪 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL