僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.389【 ひとりぼっち 】

2017-02-09 10:45:03 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.389
  1997.5.24.作

【 ひとりぼっち 】

     にのみや あきら


ぼくは ひとりになった
ぼくは どこへ行けばいい
ぼくは ひとりになった
ぼくは どうすればいいのだ


仲間から逸れた小鳥のように
大空をただ一人彷徨えばいい
仲間から逸れた落葉のように
新しい友達を探せばいい


ぼくは ひとりぼっちになった
ぼくはどこへ行けばいいのだ
ぼくはひとりぼっちになった
ぼくはどうすればいいのだ


 NO.389.【 ひとりぼっち 】
          の解説

 この作品は、歌の詞を意識して創った詩です。どなたか、曲を付けてもらえないか、と思ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.388【 淳君事... | トップ | 僕の詩集No.1220【 淡 い 恋 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL