僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.640【 詩 論 】

2017-04-24 10:13:50 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.640
  1999.9.5.作

【 詩 論 】

     にのみや あきら

詩が美を主張する
人間の心が惑う
詩が正義を主張する
人間の心が硬直する
詩はなにをすべきか
詩の主張は?
詩の属性は?
自由で
フラットで
何色にも染まらない思考を
          柔軟に
思考を雄大に
言葉で人の心を深く刺し
リズムで人の心を大きく
         揺るがす
詩が詩を失った時
人類は心を失う
詩が心を失った時
人類は滅亡する


 NO.640.【 詩 論】の解説

この作品は、詩のあり方について述べ、また詩の将来について述べた詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.639【 心 7 】 | トップ | 僕の詩の解説No.642【 存在価... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL