僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.727【 出会い 】

2017-05-19 10:04:15 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.727
 2006.11.25.作

 【 出 会 い 】

     にのみや あきら

あの町角での
出会いが
崩れて行く
理由はわからない
軋み始めたことだけは
確かだ
困った


「いままでのままでつづけ            て」
「くずれないようにささえ            て」
「かたちあるものはこわれ            る」
「であいはわかれのはじめ」


でも
出会いは
なにも言わない
次の出会いが
後ろで待っている


 NO.727.【 出会い 】の解説

 この作品は、出会いの運命について述べた詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1318【 切 実 】 | トップ | 僕の詩の解説No.728【 傷 痕 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL