僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩No.1013【 人類 2 】の解説

2017-06-16 10:25:40 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.1013
  1982.10.27.作 

【 人類 2 】

     にのみや あきら

人類は常に間違いを
       起こしている

罪を冒している

だがそれを気にしていては

生きていけない

人間は神ではない

多少の間違いをしたから
         と言って

挫けるな

間違いは問題ではない

恐れることはない

思いっきり突き進め

間違いは問題ではない

長い歴史が判断してくれる

それを待つことにしよう

きっと神様は

許してくださるに違いない


 NO.1013.【 人類 2 】
          の解説

 この作品は、人類が罪への許しを乞い、神は許してくださるだろう、と言う願望の詩です。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩No.1012【 自然に向っ... | トップ | 僕の詩集No.1347【 共 生 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL