僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.433【希望 2】

2017-02-24 10:11:40 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.433
 1998.11.24.作

【 希 望 2 】

           にのみや あきら

大きく望まなくても

自分の可能性の範囲で

目標をたて

計画をたて

その中で

最高に努力をし

最高に生きる

大きく望まなくてもいい

まず

自分の可能性の範囲を

少し越えたところに

目標を置けばいい


 NO.433.【希 望 2】の解説

 この作品は、人生の目標をたてるなら、無理をしないで、自分の能力の少し超えた所に置きなさい、と教示している詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.432【 偏 屈 】 | トップ | 僕の詩の解説No.434【 定 年 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL