僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1368【 たわいない行為 】

2017-07-08 09:50:21 | 
 【 たわいない行為 】

     にのみや あきら

図書館で
中原中也の詩集を借りた
目次のページに
小さな小さな
レンズを使わなければ
読めないような字で
無数の落書き
家でレンズを使って
        見てみると
たわいのない意見と主張
          ばかり
落書きしても
本が自分の物になるわけでも          ないし
いずれは返却しなければ
         ならない
なぜ こんな落書きを
         したのだ
自分がいかに中原中也に
          ついて
詳しく研究して知識がある
それを他人に
強調したかったのだろうが
それならそれで悪戯でなく
もっと他の方法があるはず
たわいない行為だ

詩集を返却する時
係員に告げた
係員もここまでは
     気がつかなかった
と謝ることはないのに謝った
消す作業をするのだろう
付箋を付けていた
でも大変な作業になりそうだ

中原中也が生きていたら
どう思うだろう
喜ぶだろうか
それとも・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩N0.1255【 サルバドー... | トップ | 僕の詩No.1262【 異 質 】の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL