僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1179【 酒 5 】

2016-12-28 09:50:04 | 
 【 酒 5 】

     にのみや あきら

酒の味が分からないのに
酒好きとは変だね
人間いい加減なもんだ
酒は吞むと美味い
味を味わうのか
酔うのを楽しむのか
人それぞれだろうけど
とにかく舌触りがいい
そして喉にしみ渡る
酒は
想像力をかき立ててくれる
閃きを刺激してくれる
酒を吞みながら
創った良い作品が沢山ある
世の中に
こんな素晴らしいものは
他にない
どこにこんな魔力を
潜ませているのか
不思議で
不思議で
仕方がない
酒よ
お前は何者だ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.269【 白と黒 】 | トップ | 僕の詩の解説No.270【 大 都 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL