僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

詩の解説No.57【 超 越 】

2016-09-15 12:15:00 | 詩の解説
 (再掲載)

 僕の詩集 No.57

  【 超 越 】

現実に妥協して生きることが 
一番素晴らしい
一番要領がいい
生き方だと
信じ込んでいる人間とは
最終的に私は合わない

だが
現実に妥協し
きわどく反抗したところに
ユニークさ
斬新さが生まれる

だから
現実に飲み込まれるのでは
           なく
現実を全面的に
    否定するのでもなく
現実を容認しなくては
         ならない


 NO.【超 越】の解説 
 1993.8.7.作

 この詩は、人間、現実と向かい合って、どう生きて行くべきかを問うている作品です。
 作者は、現実に妥協する人間を否定しています。でもそれは、ユニークさと斬新さを産み出す。だから、現実に溺れるのではなく、容認して生きべきだ、と説いています。
 現実を容認して生きると言うことは、現実を超越することです。人間の生き方の複雑さを表現しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1054【 思い出 2 】 | トップ | 詩の解説No.58【 若 さ 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL