僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.102【 発 狂 】

2016-10-12 12:16:44 | 詩の解説
 (再掲載)

 僕の詩集 No.102

 【 発 狂 】

何を学び

何を生きればいいのか

何を選び

何を愛すればいいのだ

迷走

焦燥

迷走

人生を曲げなければ

発狂していた


 NO.102【発 狂】の解説 
 1993.12.1.作

 この詩は、ある人物の有様を描いた作品です。この人物は、人生の生き方に悩み苦しんだ結果、人生を変えます。人生を曲げなければ発狂していた、と言ってます。人生を変更して、発狂を免れたわけです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1089【 身 勝 手 】 | トップ | 僕の詩の解説No.103【 綱 渡 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL