僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1325【 懺 悔 】

2017-05-26 09:50:02 | 
【 懺 悔 】

     にのみや あきら

何も悪事を
働いていないのに
懺悔
どこかの宗教の教えでは
人間は生まれながらにして
罪を背負っている
と決めつけている
とんでもない
先祖代々
悪いことはして来ていない
清く正しく実直に生きて
         来ている
それが証拠に
今までバチが当たったことが           ない
それでも懺悔を
しなくてはならないのか
それはおかしい
悪事を働いていないのに
神仏へ告白しなくては
ならないなんて
間尺に合わない話だ
神様って
そんなに偉いのか
姿が見えないのに



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.755【 時の流... | トップ | 僕の詩の解説No.757【 会社の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事