僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.397【 醜 男 】

2017-02-12 10:16:04 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.397
  1997.9.19.作

【 醜 男 】

     にのみや あきら


私は不器用

どこまでも不器用

それが私の喜び



私は貧乏

とことん貧乏

それが私の幸せ


 NO.397.【 醜 男 】の解説

 この作品は、醜男の、居直りを詠んだ詩です。


























NO.396.【都会生活】の解説

 この作品は、決していい状態でない都会生活を列記して、こんな都会生活のどこがいい、と問いただしている詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.396【 都 会 ... | トップ | 僕の詩の解説No.398【それが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事