僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.426【 罪の復讐 2 】

2017-02-22 10:06:43 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.426
 1997.10.25.作

【 罪 の 復 讐 2 】

     にのみや あきら


罪は消えない
あの罪が消えない


罪は風化しない
あの罪が風化してくれない
時間が消滅してくれる
        はずだった
だが時間にも その力は
         なかった
時間の経過は
罪を鮮明にする
時間の経過は
罪を浮彫にする


罪が消えない
あの罪が消えない
罪が風化しない
あの罪がなかなか風化しない
罪の復讐は死を知らない

 NO.426.【 罪の復讐 2 】
          の解説

 この作品は、罪を犯した人間が、時間が経過しても、罪がなかなか消えてくれないのを、嘆いている詩です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1232【 人間 26 】 | トップ | 僕の詩の解説No.427【 列 車 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL