僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩集No.1319【 転 変 】

2017-05-20 09:50:07 | 
【 転 変 】

     にのみや あきら

人間
激しく転変する世の中で
生きて行かなければならない
転変について行けるのか
生まれて来ても
ただのほほんと
生きているだけでは
能がない
世の中の変化に
迎合してついて行かなければ
置いてきぼりを食う
人間 生まれて来ても
生きることは大変
苦に耐え
喜びを味わい
仕事に追われ
家族に付き合う
そして転変に耐えて生きる
転変など
生まれる前は
考えても見なかった
穏やかな世の中だと
        思っていた
それがとんでもない世の中
人間
生まれて来るのは
       めでたいけど
こんな世の中では
どうとも言えない
もっと静かな世界はないのか
あればそこへ行きたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.729【 厄 年 】 | トップ | 僕の詩の解説No.730【 NY貿易... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL