僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1259【 自 立 】

2017-03-21 09:50:05 | 
【 自 立 】

     にのみや あきら


年頃になって
何時までも子供じみていては
困る
親から独立して
独り立ちしなければならない
自立して
自分自身の心で歩く
何時までも
親に甘えていては
自律は出来ない
もたもたしていると
君の将来はない
世間の荒波にもまれて
自立をする
そうやって人間は育つ
一人前になるのだ
動物も同じだ
動物の世界はもっと厳しい
だが人間がやれない
        ことはない
地球を支配している人間だ
動物に負けるわけには
         いかない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩の解説No.516【 贋詩人 】 | トップ | 僕の詩の解説No.517【 芝 居 】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事