僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.702【 ダダッ子 】

2017-05-12 10:03:49 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.702
 1999.1.17.作

【 ダ ダ ッ 子 】

     にのみや あきら

オレは
いつまでたっても
ガキだから
ガキっぽい
詩しか書けない
文句あるか
それでも
詩は詩だ
誰がなんと言おうと
オレの詩だ
読みたくなければ
読まなくてもいい
でもオレの詩は残るゾ
読まなければ
ソンをする
本当の
ガキには
悪いけど


 NO.702.【 ダダッ子 】
          の解説

 この詩は、自分の作品に居直っている、それも、ダダッ子のように。そんな詩です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1311【 過 酷 】 | トップ | 僕の詩の解説No.703【 人間 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩の解説」カテゴリの最新記事