僕の詩集

詩を投稿しております。我流ですが、読みやすいと思います。よろしくお願いします。

僕の詩の解説No.517【 芝 居 】

2017-03-21 10:00:43 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.517
 1992.10.17.作

【 芝 居 】

     にのみや あきら


記憶に

残る

芝居では

なく

心に

残る

心に

響く

芝居に

触れたい


 NO.517.【 芝 居 】の解説

 全てのことが、多様化した時代。芝居も御多分に漏れず、多様化して、目に余る不出来な芝居が多いい。お金と時間をかけて観に行っても、これでは怒り心頭。そんな目にあったある人物の嘆きの詩です

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の詩集No.1259【 自 立 】 | トップ | 僕の詩の解説518【 アメリカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL