三宅島だより 『 園芸ハウスー三輪 』 

口だけで100万儲けた男が手と体だけを武器に1万円に悪戦苦闘の毎日ー三宅島から

満二年が過ぎました。

2017-06-30 18:39:33 | 日記
一昨日28日で此処三宅に来てから満二年が過ぎました。短い様で長く、長い様で短く、振り返る時間が余り無かったので今朝ふっと気付きました。

西野君をはじめ沢山の方にお世話になった日々でした。期待した以上に面白くこれからもやりがいを感じられる所だと思います。

来た当初、半年で逃げ帰ると噂されていたと聞きましたが、それはすることのない人の事だと思います。ここにはやらなければならない事が余りに多く
これからも、それを一つづつこなして行くとあと何年掛かるかなと思われます。

楽しくやる事を見つければ、これ程面白い所はないのかもと考えている今日この頃です。

農業が日常、苗が大きく育つのを見る楽しさ、収穫の喜び、それを店に出して売れた時の何とも自分が認められたような感覚、たとえ150円でナスを売っても
今まででは得られなかった充実感です。農業の合間、晴れて凪(なぎ)に成れば538円の弁当を持って沖に出て魚を釣る。雨の時もハウス内でする事は色々ある。

冬も凍り付かないので、イモ類、ショウガを土に埋めて保存、春に成りそれが生きていて、芽を出して来た可愛さ!自分のやり方を肯定出来る嬉しさが有ります。野菜作りが元々の趣味では有ったが、300坪も畑を持つと家庭菜園では味わえ無かったダイナミックな楽しさ。(来年1500坪も増やすかも?)

予定通り『ぴ~ちゃん達』を飼う事も出来、これで卵を産んでくれたら申し分なしです。来春には『ヤギ』を1頭1万円で分けてくれる話も出て来ました。その内、山に木はいっぱい有るのでそれを燃やしての『炭焼き』も魅力的と思われます。

開墾も結構楽しい仕事です。下草を刈り取り、それを燃やす。都会では出来ないダイナミックな焚火に迫力あります。燃やし方、火の付ける方向等も教えてもらい
成程と感心する事ばかりです。鬱蒼としていた山林が綺麗に整地されて畑になった時の満足感も捨てられない魅力かも?


だが、今日の仕事は辛かった。今まで、他の所にばかり力を注ぎ此処を見てこなかった罰が当たりました。

殆どが雑草の畑
 
霧雨でけぶっている。

此処を手で、人力だけでむしり取る。他で作った明日葉の苗を植えるのだが、考えただけでも頭が痛くなる。

 今日の完成分。

全部で35畝有る内の2畝だけが出来た。

明日やる隣の畝


一部女性が手伝ってくれた。

明日から二週間は草取りに取られそう。

昔からの言い伝えー目は臆病、手は力!  (頭で考えると、この先が長すぎてとても出来ないと考えがち、だが手を少しづつでも動かせばいつかは必ず終わり
                     が来ます!)

これを信じてやるしかない!でも、しんんどそう~!!へらへらの僕には!!







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レモンの味! | トップ | 若者の宿が出来た! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL