小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

今年お初の牡蠣フライと高菜のたいたの♪ 蕪と柿のなます

2016年11月08日 | ・貝類
朝、台所に下りてきたとき「ちょっとだけヒーターかけようかな。」とちらっと思い、
「もうちょっとだけ我慢かな。」と思い直しては手を引っ込める毎日。
・・・でしたが、今朝は誘惑に負けてヒーターのスイッチを押してしもた~。
うぅ、あったかい♪♪

<牡蠣フライ・高菜と豆腐のたいたの・蕪と柿のなます・トマト>
          

●牡蠣フライ
大粒のには出会えなかったけど、
見た瞬間に無性に食べたくなったので今季初の牡蠣を連れて帰りました。
お初はやっぱり牡蠣フライよね。
   ※作り方はこちら → 『広島生まれで御荘そだち♪プリッと大粒牡蠣フライ』
        
塩コショウで味もついているので、今日はそのままアツアツをサクサクといただきます。

以前は牡蠣フライは苦手な料理の一つだったのだけど、
近年ようやくさくっと上手に揚げることが出来るようになりました。
こういう成長はいくつになっても嬉しいもんです♪


●高菜と豆腐のたいたの
高菜もいよいよ産直に出始めました。
とっても安価でもりもり食べることが出来る冬の葉野菜。

ゆでて水にさらしてアクを抜いてから、食べやすい大きさに切って調理します。
油でさっと炒め、崩した木綿豆腐と一緒に出汁・醤油・酒でちょっと濃い味に煮るのが好き。
アクがある素材って美味しいよねぇ。
        
黒っぽい緑に染まった豆腐は美味しさの証。
ちょっと大めにたいて、翌朝冷えた飯ご飯と一緒に食べるのも大好きです。

高菜といえば漬物しか浮かばない人は損してる~。
生の高菜を見つけたときには、ぜひぜひ試してほしいザ・田舎!!の素朴美味しい一品。


●蕪と柿のなます
柿は実家でもらってきたかなり小ぶりのもの。
むいてそのまま食べるにしても、1個じゃ足りないくらいのサイズです。
        
野菜と果物を併せる料理なんて・・・と、ずっと苦手だったのですが
蕪と柿の組み合わせはつい2年くらい前から美味しいと思うようになりました。
ようやく大人になったんかなぁ。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

今日のオット弁。
鶏むね肉の竜田揚げ・プチトマト・源たれ漬け卵・インゲンのツナマヨ和え・里芋煮、
そして押麦入り日の丸ごはんです~。
              
削ぎ切りにして醤油と酒だけで下味をつけた鶏むね肉、
片栗粉をまぶす前にオリーブオイル少々を加えてもみ、しっとりと揚げました。

きれいに色よく揚がったのを横目に見てたらついつい・・・一切れいただき~!!
オットの喜ぶ顔が目に浮かぶ♪♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

先週、またまた父が転倒したという・・・
すりむいた肘よりも、なぜ何もない道で転んでしまったのかが心配。
テツの散歩の途中だったらしいのだけど、テツに引っ張られたわけでもないという。

血液検査ではいつも軽い貧血の数値が出るけど、それの影響なのか?
それとも弱ってきた足腰に力が入らなくなっているのか。

あちこち傷だらけになっても平気平気と言うけれど、
こっちは平気でおれんわい。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あぁ懐かしい♪ 北条のCLUB HO... | トップ | 秋鮭の塩麹漬け焼きと切り干... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

・貝類」カテゴリの最新記事