小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

まぐろの磯辺焼きとワカメきゅうりのおろし和え

2010年06月14日 | ・まぐろ
<マグロの磯辺焼き・きゅうりとワカメのおろし和え・えのきの梅肉和え・おにぎり>
         

●まぐろの磯辺焼き
めぼしい魚がなかったので、特売のマグロ赤身の短冊で久々の磯辺焼き♪
今日はアボカドと一緒にいただきます。
  ※作り方はコチラ → 『マグロの磯辺焼きとレンコンの梅ワカメ和え
        


●ワカメときゅうりのおろし和え
新物の塩蔵鳴門ワカメがすっかりお気に入り。
ワカメは老化とストレスから体を守ってくれるらしい・・・がんばれオット!
        
塩もみしたきゅうりと生わかめを大根おろしで和え、粗引き黒コショウをふりかけます。
お好みでレモンをキュッとしぼっていただきます。

きゅうりに浸みた塩味だけなので、さっぱりした素材の軽さが一層引き立ちます。
粗引きコショウでキリリと味が引き締まる感じが好き。


●エノキの梅肉和え
        
エノキは食べやすい長さに切り、株元はバラバラにほぐしておきます。
エノキと油揚げの千切りをダシと薄口醤油少々でさっと煮て、軽く味をしみ込ませます。
冷めたら汁けを切り、刻んだ梅肉と和えて出来上がり。
        
最後に梅肉でお味が加わることを考えて、エノキはごくごく薄味で煮ます♪

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

買い物に行った先で「あら?」。
そう遠くに住んでるわけでもないのに、こんなところで偶然バッタリ会うなんて初めてじゃない?
ドラッグストアでの立ち話では足りず、さすがに人目もあるということで
「時間あるならウチに来ん?」

おちょうと会うのは久しぶり。
この春は息子君の新生活スタートもあり、いろいろと忙しそうなので気になりながらもそのまんま。
そんな時にふたたび2-3の集まりの案内があり、
「元気にしてるかな?」と彼女のことを思い浮かべたところでした。
まさに今日の偶然の再会は以心伝心のようで嬉しい♪

中2からのつきあいのおちょう。
彼女との一生心に残るエピソードの数々はもうちょっと大きくなってから・・大学生の頃からかな。
ささやかながら共に過ごしたキラキラした時間は今も宝物。
大学一年の夏に訪れた興居島で、防波堤の上に夜中寝ころんで見上げた星空のことを
今でも鮮明に覚えてると聞いてとっても嬉しかった♪
そんな小さなこと、よく覚えてたね~。

今日、ドラッグストアで偶然見つけたのは
今からの人生では見つけられない大切なものだと改めて気づきました。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルビ焼肉をいろんなつけ合... | トップ | セセリのから揚げと豆もやし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kuri)
2010-06-15 23:10:09
小太郎さん こんばんは♪
ぶー太郎速報、メールにてお送りしました♪
今日kuri地区 ムシムシジト~ッと暑かった さっぱりしたものたべたいよう!と
帰宅途中に晩ご飯を考えていたら、
先日の鰹のお寿司がポワンと浮かび~~~
「もう鰹しかない!うにゃ~~~ぜ~ったいタタキだ!新玉ねぎと貝割れの上に鰹並べて、特製小太郎ポン酢かけて!!!!」と決意し、スーパーへ。美味しそうなカツオをゲット♪
あとは、お決まり?の冷奴に 切干しの煮ものでした。
ぶー太郎!白飯に合うオカズだぞ!どっからでも かかって来いと身構えていたら、敵は黙々と完食。勝った。
ここのとこ体調悪く ぱったり飲んでいなかったけど、この蒸し暑さに、ついついチューハイなんぞ一気飲みしちゃいました♪
こ~やってね、小太郎さんのご飯を真面目~に学習してるkuriだからこそ、ポワンと思い浮かぶわけです。自画自賛

Unknown (・kuriさんへ、)
2010-06-18 10:29:51
kuriさん、こんにちは。
おめでとうございます、メール拝見しました♪
たくましく成長するのは体ばかりじゃないのだなぁと読んでて感じましたよ。
いろいろに思うところはあると思いますが、
まだまだラグビー人生は始まったばかり。
大いに悩んで道を拓いて行ってくれると小太郎も嬉しいです。
またお返事出しますね。

鰹が頭に浮かぶとは、それは体が鰹を求めていたのよ~きっと。
そういうのってあると思うんだわ!
疲労回復のタウリンをkuriさんが所望してたのに違いない。

年中ぬる燗のわが家ですが、
さすがにこのところの蒸し暑さにビールを飲むことも・・・
冷たいのはのちのち毒だと思っても、
ひんやりした喉越しの誘惑にはあっという間にノックアウトです~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL