小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

鰆のぬか漬け焼きと義母手製の稲荷寿司

2017年06月12日 | ・その他の魚介類
6/7の食卓。
毎月7日は義弟の月命日につき、義母手製のいなり寿司をいただきます。

月に一度いただく義母の稲荷寿司。
その時々で酸味が酢や柑橘で違ったり、具材に変化があったり、お揚げの味が濃かったりするのですが
ここ3ヶ月ほどはとても味が安定している感じ。
定期的に同じ手料理の味見をさせてもらうというのは、
なんとなく体調だったり生活の様子が見えるようですね~。

<鰆のぬか漬け焼き・キュウリのゴマ酢和え・稲荷寿司・なすとトウロク豆のたいたの・トマト>
          

さわらのぬか漬け焼き
数年前に買った雑誌の特集号『自家製を食す』はたま~に思いついて開くと面白い。
そのたま~に開くタイミングに必ず思い出して作るのがコレ♪

今の季節はキュウリや茄子などぬか漬けと相性の良い野菜が多いので
ぬか漬けを朝食でいただくのですが
たんぱく質を漬けるぬか床は野菜を漬けるものとは全く別に用意します。
2・3日漬けた魚は軽くぬかを落として小分け冷凍保存。
        
水気が出てぬかがカビぬよう、魚は予め塩をふって1時間を置き
水気を抜いてからぬかに漬けます。

大きな切り身なら1時間おいてもまぁ、塩加減は平気ですが
小さなものだと塩味が入りすぎることもあるので
糠床は一回使い切りで、
軽く塩をふって出てきた水気をふき取り漬ける・・・くらいが良いかと思います。

ただいまもう一切れずつ鰆と、鰯が5尾待機中♪
今夜は飲むぞ!の日、あるいは朝食のめざし代わりに登場する予定です。


●なすとトウロク豆のたいたの
          

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

6/8は先代ワンコ小太郎の命日。
溶血性貧血という病気にかかったのですが、
コタの好物で、造血の作用があるものを・・・と考え
その年たまたま豊漁だった鰹(特に血合い)を与えてました。

コタは晩年鰹をたくさん食べたねぇと、
コタが天国に行ってから後は、毎年命日に私たちも鰹を食してコタを偲んでいます。
        

今年のコタの命日に、たまたまオットが愛南町へ日帰り出張することに。
愛南といえば深浦、深浦といえば鰹!!
オットが愛南のスーパーで手に入れた地元の鰹のたたきをいただきました。
        
以前手に入れて床下に隠して?保管しておいた川亀の特別純米酒とともに、
この日の鰹は大将のレシピでニラたっぷり。
水曜日なんだけど・・・いっか~!!

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鰹のたたきでにぎり寿司♪ 七... | トップ | 手羽先のパリパリ焼きと松山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL