小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

トラハゼの塩焼きと夏野菜のカレー酢漬け

2010年07月09日 | ・その他の魚介類
夏の水源が今年は全く気にならないたっぷりの雨量。
しかし、雑草と植物の水分補給も十分すぎるほど足りている様子で、
うっかりしてるとアッという間に庭はジャングルに~!!

今日も大汗かきながら、庭木の剪定と雑草むしりに励みました。
軽く45ℓごみ袋4袋・・・ビール飲む態勢万全です。

<トラハゼの塩焼き・夏野菜のカレー酢漬け・枝豆豆腐・おにぎり>
         

●トラハゼの塩焼き
キスの仲間でトラギスとも呼ばれるこの魚。
小骨が多いながらも、さっぱりとたんぱくな白身のお魚なので焼いたり揚げたりすると特に美味。
実家は南蛮漬け、わが家でも9割方はから揚げでいただく、油と相性のよい魚ですが
今日はサイドに油を少々使いたいので、さっぱりと塩焼きにしました♪
        


●夏野菜のカレー酢漬け
湯むきしたプチトマト・グリルで焼いたししとう・酢揚げした松山長ナス。
いずれも今が旬の夏野菜。
今夜はカレー風味でちょっとスパイシーな即席酢漬けでいただきます~。
        
以前、料理番組で見た揚げ鶏のカレー南蛮漬けを小太郎風にアレンジして作った
鯖(あるいは鯵)のカレー南蛮漬け』は、もはやすっかりわが家の定番。
さらにその料理のアレンジとして生まれたのがこの夏野菜のカレー酢漬け♪
最初は素揚げしたナスで作り始めましたが、
そのうちカラフルな夏野菜を組み合わせて彩りの良い料理へと変身しました。

青い野菜は漬けすぎると変色するので、さっと和える程度で十分かな?
カボチャやナスなどはじっくり浸しておくと味が染みてとても美味しいです~。


●枝豆豆腐
kuriさんからいただいたお豆腐の中から、今夜は枝豆豆腐。
粗く刻んだ枝豆がた~っぷり混ぜ込まれた豆腐は、添付の藻塩をかけて食べるのがオススメとのこと。
塩で豆腐・・・う~ん!渋いねぇ。
        
枝豆に塩味という相性もあるので、枝豆豆腐に塩をかけるというのはおおいにあり。
塩とごま油・塩とワサビとオリーブオイルという組み合わせはやりますが、
ここまでシンプルに塩だけというのは初めて。

豆腐の美味しさと枝豆の風味が際立ちます♪

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

夏の長い一日も暮れ、すっかり暗くなった頃「ピンポ~ン」。
キッチンで手が離せない小太郎でしたが、代わりに早く帰宅したオットが出て見ると小太郎母♪
「オット君の好きなナス。ウチの初物よ」
今年、実家の家庭菜園で初収穫された松山長ナスとキュウリを届けてくれました。
オットは夏の食材で何が好きって?!ナスがNo.1なのです。
それを知っての一番ナス・・・ありがたいねぇ。

ナスは夏野菜とはいえ今やスーパーだと年中手には入りますし、
産直市ではすでに露地物がお目見えしてはいたけれど、
小太郎実家の植え時と収穫時が、オットと小太郎にとってはナスのベストシーズン!!
「ナスがナスらしい味になってきたねぇ。」と素直に目尻を下げるオットなのでした~。

実家の隣町のわが家。
家を建てて11年前からここに住み始めましたが、
さらに隣町で賃貸生活をしていた新婚時代にさかのぼっても、小太郎母の夏野菜お届け便は突然に♪
涼しい時間帯を狙っております。

賃貸時代には玄関のドアノブに。
引っ越してからはキッチンから見えるはきだし窓の縁側に。
その朝採れたばかりの野菜をそっと置いて帰るごんぎつね。

近年は朝からお仲間とスポーツに興じることも増えたので、早朝ごんぎつねは現れなくなりましたが、
老人二人が食べるにはおおすぎるほどの野菜を育てては届けてくれる。
この元気が何よりありがたい。
いまだに、実家のナスは自分が何もしなくても育つ!と信じて手を出さない親不孝娘ですが
その代わりにせっせと食べてあげましょう♪
・・・本当にコレでええんかい?という不公平ではありますが~。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 油揚げのピカタとおつまみプ... | トップ | 美味しい豆腐で作ると味上が... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トラハゼ・夏野菜)
2010-07-10 14:51:51
小太郎さん、高浜港から中島方面へ船釣りに行ってた頃トラハゼが釣れる事も有りました。
もっぱら南蛮漬けが多かったですね。
しっかりしまった身が美味しいですね。
夏野菜の季節、即席漬けも良さそうですがカレーも美味しいですよね。
茄子はもちろんですがズッキーニも安く出回ってくるので必ず入れます。その他ピーマンや獅子唐、トマトなどジャガイモ抜きであまりとろみをつけずに作ります。
辛いカレーで汗を出して新陳代謝を促進です。
Unknown (・moscatさんへ、)
2010-07-11 10:42:18
moscatさん、こんにちは。
瀬戸内の小魚としてキス以上に実は人気のあるトラハゼ。
moscatさんちでもやっぱり南蛮漬けでしたか。

休肝日には夏野菜たっぷりのカレーを食べました。
特にナスがはいると嬉しいですねぇ。
とろみをあまり出さないというのは夏らしい工夫ですよね。
片栗粉でつけるとろみも夏はゆるめに楽しみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL