小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

まだまだ間に合う!おせち料理

2005年12月29日 | ・特別な日の料理
年末にむけておせちもカウントダウンが始まっています。
今日は、祝い肴三種のうち「黒豆」「数の子」が完成。
一昨年からおせちのレパートリーに加わった「八幡巻き」「如意巻き」もできました!

手間はかかりますが、
八幡巻きや如意巻きは、お重に詰めたときにも美しいのでオススメ。
最初は小太郎も面倒くさく思って手を出しませんでしたが、
案外、初めてでも形になるもんです。
忙しい時に手間のかかるものを作ったという達成感も、気分よいものです。
年に一度のことだし、思いついてみませんか??

●黒豆
丹波の黒豆(150g)は傷つけないようによく洗い、
豆の倍量の水に塩ひとつまみを入れ、
一晩かけて戻しておきました。

倍くらいの大きさにふくらんだ黒豆は水ごと鍋に入れ、砂糖90~100gを加え
中火で沸騰するまで煮ます。
煮立ったら、電気煮込み鍋に汁ごと移し、落し蓋をし、鍋のふたもして強にセット!
煮立ったら弱に切り替え、3~4時間かけて柔らかくなるまで煮ます。

最後にしょうゆ小さじ1/2を加えて、一煮したらスイッチを切り
そのまま冷まして出来上がり!!

わが家の場合は、オットの実家からもらった電気煮込み鍋を使っていますが
ちゃんと豆が戻せたら、実は鍋で煮るのもそう難しくはありません。
砂糖を加えて煮立ったら、ごくごく弱火に火力を下げて、
常に煮汁がかぶるくらいにさし水をしながら3~4時間煮込みます。

うちの場合、
作った黒豆の半分は、汁気を軽く切ってブランデーに漬け込んでいます。
豆の中に残った甘みと、ブランデーの風味の相性が良いです。

●数の子
   
数の子は薄い塩水につけて一晩置き、塩抜きをします。
食べてみて塩気が大体抜けていたら水で洗い、表面の薄皮をきれいに取り除きます。

漬け汁は、義母から教わったとおりに味付けしています。
しょうゆ大さじ3.酒大さじ3・かつおぶし7gを煮立てて、火を止めます。
そこへ水カップ一杯半を加え、かつおぶしをこして冷まします。

冷めたところに、キッチンペーパーで軽くふいた数の子を入れて出来上がり。

昨年から、数の子の薄皮取りはオットの仕事。
辛気臭い作業でありますが、数の子が大好きなオットは喜んで手伝ってくれるのです。
その間に、私は別の料理にかかれるので助かっています~!!
   
(オットの手です!)

●八幡巻き
ごぼう1本は皮をこそげて、縦に四等分にして酢水につけます。
金時人参1本は皮をむいて、ごぼうと同様に切ります。

鍋にだし汁カップ2・しょうゆ大さじ2・みりん大さじ2・酒大さじ2・塩ひとつまみをあわせ
煮立ったら、ごぼうと人参を入れて下煮して冷まします。

牛ももの薄切り肉(すき焼き用)を一枚ずつ広げ、
ごぼうと人参を2本ずつ、切ったときにモザイクに見えるようにまとめて
斜めに肉を巻きつけていきます。
   

フライパンを温めて油を薄くひき、巻き終わりを下にして全体に焼き色をつけます。
出た油をキッチンペーパーでふいたら、
酒大さじ3・みりん大さじ3を入れ、強火でアルコールをとばします。
そこへしょうゆ大さじ3を加え、煮汁が少なくなるまで煮詰めます。
(汁ごと保存するので、なくなるまで煮詰めないこと!)

バットに汁ごと出して冷ましたら出来上がり。
   

金時人参が立派過ぎて、今回はきれいなモザイクになりませんでした・・・
残念~!!
   


●如意巻き
   
蒸して作るハムのようなもの。
もともと中国料理で、お祝い事の料理だそうです。
如意=「意の如く」、思いをかなえるという意味があるそうです。

まず、薄焼き卵を作ります。
できたら正方形に作ると無駄がなくて使いやすいです。
フライパンで丸型に作った場合は、正方形に切って使ってください。
今日紹介するのは2本分。
薄焼き卵は二枚作り、粗熱をとっておきます。

次に肉あんを作ります。
長ネギ1/2本分としょうが1片はみじん切りにします。
豚ひき肉200g・かに缶1缶・片栗粉大さじ2・酒小さじ1・塩ひとつまみをボウルに入れ
ねぎとしょうがを加えたら
粘りが出るまで根気よく混ぜます(混ぜ具合で歯ごたえが違ってきます)。
   

巻きすに薄焼き卵を広げ、片栗粉をふりかけまんべんなく広げます。
肉あんをのせて、薄焼き卵全体に均一の厚さにのばします。
巻き始めになる両端は、巻き安いように若干薄めにするのがコツ!!

真ん中に目印の竹串を置き、
そこへ向かって二つの渦巻きを作るように、両端からきっちりと巻きます。
   
目印の竹串を取り除き
渦巻き二つの間に、肉あんを少量詰め(巻き終わりの糊代わり)
巻きすで形を整えたら
クッキングシートでキャンディーのように包みます。
   
湯気のたった蒸し器で20~30分蒸したら出来上がり。
アツアツのうちにクッキングシートから取り出し、よく冷まします。

にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 酒ブログへ

出来上がり断面図を画像におさめようと、
端っこを切っては味見していた小太郎は、一人でまんぷくになってしまい、
すっかり昼ごはんを作るのを忘れていました・・・オットよ、ゴメン!!

さかのぼって、ラグビー観戦記・黒門市場の様子も紹介してあります。
よかったら見てくださいね!!
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年の瀬の黒門市場 | トップ | 今日は三品・おせちの準備 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
にょい! (はははる)
2005-12-29 21:44:10
如意巻き如意まき
おっと! (はははる)
2005-12-29 21:48:01
間違ってしまった~!

如意巻き、今年のおせちにいただきです!

うちの家では八幡まきは5センチくらいの一人分サイズなのですが、長いのだとおせちに生えそうですね

黒豆は・・・、私が豆嫌いなので毎年ちょびっとしか入れないため、市販品です。

でも、あかりが豆が好きだから、そのうちちゃんとつくらんとな~。と思っています。
はははるさんへ、 (小太郎)
2005-12-31 08:37:04
昨日はありがとう~。

一気に空けてしまった、お調子者の小太郎夫婦です。



如意巻きはオススメです。

今年は、これを6本作って双方の実家に届けたのだけど

見た目よく、美味しいので好評。

もう作ったかな?

できたら、また画像でみせてねっ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[おせち]ひとつだけでも手作り・・・その7 (かきたまの美味しいおいしい)
材料   サツマイモ・・・2~3本   くちなしの実・・・2本   栗の甘露煮・・・1袋   味醂・・・大さじ3~4   砂糖・・・大さじ3~4   塩・・・ひとつまみ 作り方   1、サツマイモは厚めに皮を剥き、さっと水洗いする。   2、くちなしの実はふ