宣伝美術家TOMのブログ [1000-B]

宣伝美術家TOMの日常・演劇・デザイン・カメラなブログ。
仕事柄ちょっと文章カタいです。

自分のわだち

2017-02-13 16:20:09 | ■宣伝美術の大事な話■
1996年からずっとデザイン、特に演劇・お芝居周りの「宣伝美術」ばかりを続けています。
わずかな例外を除いてほとんどが宣伝美術(=演劇周りのデザインをするスタッフの事)です。

ずっと続けていると見えていなかった道筋が見えるようになるというか、
自然と自分の作風がどこか一点に収束していくのがわかります。

ほんとうに自然に。
スタイルが定まっていくんです。
好みか、知識か、それ以外の何かなのか。

一見いいように聞こえるスタイルの収束。
もちろんいいところもあります。
長年の経験で研ぎすますというか。積み重ねるというか。
そういう利点。

ただ同じように、気付かないうちに自分の道を狭めていることがあります。
何周も回っている道に知らない間についたわだち。変なクセ。手の馴染み。


さて
先日本当に偶然に声をかけて頂いて、演劇以外のデザインを製作しています。

久しぶりのというか、なんなら初めての分野のデザイン。

すごい。
どっちに走っても良い。
アイムフリー。

いつも無意識に守っていた演劇チラシのセオリーだとか、
積み重なった作風も、なにもない世界。
周囲360度、どっちに走っても良い世界。

楽しい。

もちろん今までのデザインセオリーは完全に活かせるし、素人ではありません。
でも無意識の制約がないというか、解放感というか。
これはいい。
この気持ちを忘れずに演劇の宣伝美術に持って戻りたい。

初心を忘れてるのを気付いたこの気持ち。

いつもちゃんと宣伝美術を楽しんでいたけれど、
この気持ちはうっすら透明になっていたのかもしれません。
『デザイン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 撮影小旅行 | トップ | 初撮り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。