アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2256 内部情報通報のススメ

2017年03月21日 | 国内の話題
東京都の豊洲市場、大阪府の森友学園、防衛省の南スーダン日報破棄など多数の問題が持ち上がっています。
証人喚問などが行われ真実の解明に取り組んではいますが、当時の資料が無い!などとして真相はいまだ闇の中です。

どんな事案でも、実際に記録を録ったりまとめたりしたのは下部職員です。
しかし、誰もその下部職員に聞こうとしません。

記録を録らなかった、とか、記録を捨ててしまった、とか、どこかにまぎれてしまって見つからない、なんて上層職員は言うけど、そんなことウソなんです。
今の時代、記録が抹消されるなんて考えられません。
記憶媒体を溶鉱炉にでも入れない限り、記録は消えないのです。
そして記録は次々と共有されるものだから、一つや二つ溶鉱炉に入れられたって、ほかの記憶媒体にたくさん残っちゃうのです。

担当職員は、見当たらない情報?を積極的に通報すべきです。
公益にかなうことですので、組織に鼻ツマミ者視されるかもしれませんが処罰されることはありません。
政権(体制)に都合が悪くても、国民のために絶対に正しい行為なのです。

防衛省官僚から一部、内部告発的なものがありました。
しかし、東京都の新市場問題で都職員からの内部告発も聞こえてきませんし、森友学園事件での財務省近畿財務局職員や大阪府教育局私学課職員とかのも聞こえてきません。
そしてそんなもんだから、問題の責任はみな下部職員に押し付けられていくのです。
公益を損なわないためにも、自らの身を守るためにも、情報の通報は正しいことなんです。
当局に都合の悪いことであっても。

全国の公務員がみな日本会議の同調者になってしまっているかの様なこの現象、打ち破るためにも勇気ある行動が求められています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #2255 シビリアン・コントロ... | トップ | #2257 チビル・エンジニア? »

あわせて読む