アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2374 加計事件の証人喚問をしなさい

2017年07月16日 | 国内の話題
あのアベのお友達が理事長を務める学校法人”加計学園”の獣医学部新設を巡り、衆参両院の閉会中審査が先日の10日に開催されました。

参考人として招致された前川喜平・前文部科学事務次官は、学部新設を巡り「背景に官邸の動きがあった」と指摘し、その理由として、和泉洋人首相補佐官から早期新設への対応を促されたことなどを挙げたのです。

萩生田光一・官房副長官の発言をまとめたとされる昨年10月7日付と同月21日付の二つの文書を巡っても議論があり、前川氏と萩生田氏の主張が食い違いました。
前川氏は21日付文書も「信ぴょう性が高い」とし、二つの文書が作成された間に「萩生田氏の態度が変わった」と指摘しましたが、萩生田氏はそれぞれの日に文科省の常盤豊・高等教育局長と面会した事実は認めましたが「特区について私が説明したとは考えられない。話し合いをしたこともない」と文書の内容を改めて否定したのです。

菅義偉官房長官は10日の記者会見で「本人が直接見たことがない文書について、臆測や推測に基づく発言が多くあった」と前川氏を批判しました。

・・・
あのね、このことってどちらかがウソをついているってことでしょう。
偽証罪に問われる証人喚問で、名が出ている当人を喚問して白黒をはっきりさせるしかないでしょう。
役者の名は出揃っています。
官邸の関与を証言した前川喜平・前文部科学事務次官
そしてその関与に係わったと名指しされ、そんなことない!と言い張り続けるあのアベと菅官房長官、萩生田光一・官房副長官
常盤豊・高等教育局長(と萩生田メモを実際に記録したとされる課長補佐)
和泉洋人首相補佐官、木曽功元内閣官房参与、藤原豊元内閣府審議官

あのアベは「丁寧に説明する」と閉会中審議に応じるようですが、言った、言わない、に終始することは目に見えています。
罰則を伴う証人喚問で真を問い、偽証したら偽証罪で訴えるようにするのが、自民党にとっても変な疑いを晴らすチャンスです。

この出来事って、たった1年前のことです。
証人喚問は”記憶に無い”との発言を禁止にしなければなりません。
たった1年前のことを、記憶に無い、なんてボケ老人を装うのはアウト、と判定しなければなりませんのです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #2373 アベは籠池氏を偽証罪... | トップ | #2375 富山県人は頭が固い? »

国内の話題」カテゴリの最新記事