アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2317 続報 共謀罪共謀事件

2017年05月20日 | 国内の話題
共謀罪 改め テロ等準備罪が衆院法務委員会で可決されました。
今国会中での成立が濃厚です。
自民党と公明党と維新の会の共謀(罪)です。

一頃、あのアベは国会などでテロ等準備罪のことを”共謀罪”と発言する議員に対し、ニホンザルのように顔を赤らめ「断じて共謀罪では無い!全然ベッコな法律なのだ!」と力んでいました。
でもこの頃は心を改めたのか、力んでの反論をしなくなりました。
共謀罪の焼き直し、を認めているのです。
あのNHKですら、テロ等準備罪こと共謀罪、と言うのですから正体は覆いようがないのです。

危険な法律です。
適用される集団は、日本会議と創価学会と明言していますが、政府の言うことはあてに出来ません。(冗談です)
冗談ですが、この法律は時の政権にとって都合の悪い者を捕まえるのに都合のいい仕組みになっています。

テロ等準備罪は共謀罪の焼き直しですし、共謀罪はあの悪名高き治安維持法の類似品です。
治安維持法は戦前・戦中、帝国陸軍の意向に添わない者を大量に逮捕し拷問し死に至らせたのです。
当時の創価学会も危険宗教とみなされ、前会長の戸田城聖ら幹部が逮捕・勾留された歴史があります。

自民党や維新の会の多くがメンバーとなっている日本会議は、戦前・戦中の帝国陸軍の思想が柱となっています。
第2次大戦の同盟国のドイツのナチスやイタリアのファシズムが徹底的に総括されたのだけど、同じファシズムの日本の帝国陸軍イズムはそれほど攻撃を受けず、生き残ったのです。
その生き残りが日本会議ですが、ドイツのナチスやイタリアのファシズムと同様、危険思想です。

時の為政者にとって、日本会議と創価学会は立派なテロ等準備集団となりえるものです。
為政者の恣意(しい)より、狙われた者を監獄に送ることができる、極めて危険な法律だと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #2316 マコちゃま大騒動 | トップ | #2318 続報 森友学園事件 »

あわせて読む