アナーキー小池の反体制日記

世界中のひとが 仲良く助け合い ほほえみながら 平和に暮らしていくために (イマジン)

#2303 昔の首長の遺(のこ)した”者(モノ)”

2017年05月06日 | 市内の話題
昔の市長とは、前回登場の30年の40年も前のY市長のことです。
紹介したとおり、噴水とか時計塔とか防犯灯とかに強いこだわりを持っていました。
そんなんだけでなく、百年記念塔とかオンボロ飛行機展示館など、今となってはただのゴミ、いえ負の遺産となっている物(モノ)をたくさん造りました。
しかし彼の遺(のこ)したものは、物(モノ)だけではありません。
者(モノ)もしっかり遺しちゃったのです。

昔の市長の悪いところばっかり取り上げていますが・・・確かに悪かったのです。
確かに悪かったのだけど、彼の遺した一番の負の遺産は、彼を崇拝する者たちを大量に創り出したことです。
なぜなら、その悪影響は今日にまで及んでいるからです。

昔の市長は自分の意のままになるポチを重用しました。
そのポチたちが長らく、昔の市長の作法を習っておんなじ事を続けたのです。
昔の市長からポチ市長が生まれ、そして6年前に昔の市長にしがらみのない新市長が誕生しました。
しかし、幹部職員にはポチたちが多く残っていました。
近年、そんなポチたちが定年退職を迎え、職場を去りました。
まだ少しは残っているのかもしれませんが・・・一掃されるのは時間の問題です。

・・・
昔の市長の悪行を書き連ねましたが、まだ肝心なのが残っています。
反イノマタを公然と掲げてもいたのです。
昔の市長は反イノマタを貫き、昔の市長の後継ポチ市長たちも忠実に継承しましたが、途中 一夜にして寝返りました。
その節操の無さに呆れ返ります。
一夜にして寝返ってイノマタ邸詣でをするんですから、昔の市長はお墓の中で怒っていることでしょう。

・・・
10年ほど前に頻発した全国的な事件の数々、昔の市長がもたらした悪弊が要因となっています。
上司の言いなりで何も考えることをせず、多くの職員が悪行に手を染めたのです。(悪行を成したのには市長も副市長も含まれます)
後継の首長は、周りをポチばかりにすることに徹していたのです。
そして、ポチはポチの再生産に励みました。

昔の市長の呪縛から解かれるのに、半世紀を要します。
半世紀ってとっても長いのです。
このマチは開基130年しか経っていないのです。(その前から先住者がいましたから、侵略130年が正しいのですが)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #2302 昔の首長の趣味 ③ 照明灯 | トップ | #2304 昔の田舎のマチの政争 »

市内の話題」カテゴリの最新記事