ゆうなんハイツ

映画とダイビングと温泉と・・・日々綴っております。現在顎嚢胞闘病記連載中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「セブンソード」

2005-10-02 | 映画


旦那が見たいと言うので「SinCity」とはしごで見てきました。

私この映画のこと全く知らんかったです。
で、チケット購入の際「この作品は9列の小さな劇場です」と案内され
(←「ブレイド3」と一緒)そんな扱いの映画?と不思議に思いましたが、
その後ツイ・ハークの作品と分かり「あ~なるほど」と納得したのでした(笑)。

154分の超大作?でした。しかし、ツイ・ハークと分かって154分でしょ。
マズイな~と思いました(^^;;)。
して、いざ始まってみるとやはり・・・(爆)。
まず名前と顔が全然一致しなかった(爆)。固体識別できる俳優さんが
ラウ・カーリョンとドニー・イエンだけだったもので。

そしてツイ・ハークの作品にまず女はいらん!今回女3人も出てきます。
うざい(-_-;)。女の部分けずってもっとアクションに徹してほしかったな~。
全体で100分もあればいいでしょ。

私決してツイ・ハーク嫌いじゃないんです。むしろ好き(爆)。
「ダブルチーム」だって劇場にちゃんと見に行きました。
まあ、ヴァン・ダム見たかったつうのもありますが(爆)。

テンポは大事。天山に行って剣を授かって帰って来るまでも
長くてちょっと意味不明。ここは眠くてしかたなかった。
隕石みたいなのが落ちてきたのはナンですか?

恋愛的な描写もドニー・イエンと高麗人の女との部分は残して、
チャーリー・ヤンともう1人の若い子の恋愛(しつこいくらいに
ベッドシーンにもっていきたがりましたね)もいらんです。
高麗人の女(ともさかりえにしか見えんかったけど)もセリフほとんどなく、
は~は~言ってるだけで、ほんとうざい(爆)。

監督どうも「HERO」をやりたかったのかな?と思いました。
分からんでもないのですが、ツイ・ハークはツイ・ハークの路線で
いいと思うのです。あれがツイ・ハークなんだから。

アジア多国籍の有名どころをチョイスしておられるので、
「HERO」同様俳優陣には、お金かかってます。
このおかげもあって、中国での記録を塗り替えたとか。
ドニー・イエンが来日していたので(何が目的で来日したのか
全く知らなかった)、彼が主役かと思ってましたが、
どうやらレオン・ライの方が主役なんですかね。
彼は彼で甘いマスクで鑑賞にはよろしい。
どこでドニー・イエンが出てくるのかもう待ち遠しくて、
女はいいからドニー出せ!と心で叫んでおりました。

やっとこさドニーさん登場シーンは待ち遠しかったこともあり、鳥肌。
音楽との相乗効果もあり、「おおおお!」と思いました。
(音楽担当は、日本人の方なんですね。)

長髪がお似合いになられること。「シャンハイ・ナイト」の
扱いにはむっとしましたが、この作品では念願の?ベッドシーンも出来たし、
最後の狭い通路での戦いが良かった。
ちょっとカメラアングルに問題ありありでしたが、アイデア勝負!

ドニー・イエンが出てくると何だかすごく重量感があってよかった。
特にかかと落とし見たときは、やはり鳥肌。まっすぐに上げた足を
膝を曲げずにそのまま落とすのは、柔軟性が必要。
体操のように美しかったです。宙返りとか見たかった~。

眉毛繋がった人が吹替えなしで宙返りしてたんで、そっち注目しましたが
彼のシーンは少なかったですね。京劇出身の方と知り、納得。

たなぼたで剣を手にしたチャーリー・ヤンはどう考えてもアクション無理
でしょと思いましたが、適役の紅一点の方がスタントされたようですね。
あやしい化粧と刈り上げた頭がステキでした。

途中でもう話はどうでもいいやという状態になりましたが、
アクションが始まると音楽とともに「はっ!」と意識が画面に集中するので
アクションシーン見たさにDVDはほしいかも(^^;;)。
なんやかんや言いながらもツイ・ハークにはがんばってもらいたいです。

人気blogランキングはこちら
コメント (10)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイケル・ホイ大先生第二弾! | トップ | 「Sin City」※改行後ネタバ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2005-10-03 17:18:24
こんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>女の部分けずってもっとアクションに徹してほしかったな~。全体で100分もあればいいでしょ。



確かに長すぎました。ただ途中何度かおおっと思えるシーンもあったのでもう少し斬新に短くして欲しかったです。そうでなければ剣匠に会うシーンなんてメチャクチャな編集でしたから(^^ゞ



>でんでん様 (ゆうなん)
2005-10-03 22:17:49
長いのでこの作品鑑賞する人には4時間分の無料駐車券をもらえました。追加料金払うはめにならず助かりました。

まあ、ドニー・イエンのかっこいい姿を拝めただけでも良しとしましょう!

負けるな!香港のスピルバーグ!
TBありがとうございます (NOB)
2005-10-04 12:47:59
どうもこんにちは。



本当はフォローするのもちょっと疲れました(笑)



武元英と劉郁芳の恋愛は必要です。

まだ詳しくは言えませんが、かなり重要です。

この作品はこれで終わる訳ではありませんので…。



隕石、いわゆる天火ですが、

七剣はこの天火と呼ばれる隕石によって鍛えられた剣で、

映画の中ではとても重要な鍛治素材です。



といっても、4時間から2時間半にカットされた内容で、

編集の仕方も雑といえばそうかもしれませんが、

多くの部分は私自身で脳内補完して見てます(笑)



いつもNOBさんは原作を読んでるから~って言われてますが、

原作の七剣下天山の“し”も読んだ事ありません(爆)



それでも私には面白すぎるほどの作品でした。
コメントありがとうございました (たくわん)
2005-10-04 23:42:02
全然たいしたことないブログにコメント頂いて有難うございました



確かにこの監督に「ストーリーが」とか「叙事詩的な」とかは言ってはいけないですね^^;



紹介してたスウォーズマンも「ストーリー」より「動きの楽しさ」て感じだったと思います



もっと単純にパッと見てパッと楽しむってな気持ちで観に行こうと思います

すみませんです (ケイ)
2005-10-05 13:14:19
すみません。TBは削除させていただきました。

というのも、ネタバレは避ける方向で紹介していますので、その辺が明記されていない記事でしたので削除させていただきました。

Unknown (ゆうなん)
2005-10-06 07:31:08
>NOB様



この作品はバックグランドを知らないと辛いところですね。見終わってからパンフ見て「あ~そうか」と納得するとこ多かったです。

隕石のシーンは、旦那に聞いてみたらどうやら私2~3分気を失っていたことが判明(^^;;)。すいません。そう言えば「まだ未完成だ」とか言ってた記憶はあります。

DVDだと4時間バージョン出るかもしれませんね。そしたら馬と戯れるシーンももうちょっとあって、何故あれほど悲しむのかが生きてくるかもしれません。

DVDの特典映像が見てみたいです。



>たくわん様



コメントありがとございます。アクションすごいですよ。カット割が多くて何やってるか分からんかもしれませんが(爆)。

でも、ドニー・イエンです!萌えます。



>ケイ様



これはご丁寧にどうも(^^;;)。結末を書いてないので、ネタバレしてない(私のレベルでは)だったので、こりゃ改行の必要なしと判断しましたが、そちらの基準ではネタバレしてるようですね。すいませんでした。個別にリンク貼って頂き感謝でございます。今後とも宜しくお願い致します。
TBありがとうございました (peridot)
2005-10-06 13:28:23
たしかに詰め込み過ぎで、何から話したらいいかわからないくらいネタ満載ですね。

でも語りたくなるところがいい映画ってことで。



隕石シーンは謎だったんだけど、すごくいいシーンだと思ってみてたことは確かです。

NOBさんのコメントによると、

「七剣はこの天火と呼ばれる隕石によって鍛えられた剣」ということなんですね。

いや~勉強になりました。来てよかったです。

また来ますね。
TB&コメントありがとうございます。 (微妙)
2005-10-06 21:03:57
TB&コメントありがとうございます。

こんな弱小ブログにもコメントをつけてくださって感謝感激です。



ドニー・イェン最高!

もうこの言葉で十分この作品をほめることができますね。



「HERO」を意識してのラブシーンの多さだった、という意見、感心いたしましたです。



ドニーのアクションをいま一度じっくり観たい・・・と思いますが、DVD買ったというblogを読んだら、またからかいに遊びに来てください(笑)
個人的には・・・ (はっち)
2005-10-16 22:09:57
お邪魔します~♪



個人的には、ハァー、ハァーうるさいだけの緑珠さんにぞっこんでした~♪美人だと思いませんでしたか?



もうちょっと脚本練って欲しかった・・・
皆さんコメントありがとございます。 (ゆうなん)
2005-10-20 22:14:02
>peridot様



内容盛りだくさんなので、4時間バージョン見てみたいですね。

隕石のシーンは、眠りこけていたようで(爆)。は?って感じでした(^^;;)。

私としたことが。



>微妙様



ドニー・イエンもいい役もらったものです。アクションも素晴らしいです。

欲を言うなら、素っ裸になってのラブシーンなら気合入ってると思いますが、どうもイメージ先行のような。



>はっち様



あの女優さん美しいのですが、私はどっちかと言うともっとぽっちゃりしてる女の人が好きです。は~は~言ってないで、セリフ与えてほしかった(^~^;)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
焦点がぼやけすぎ 「セブンソード」 (平気の平左)
評価:25点 セブンソード えー、「セブンソード」を例えるとすれば、「バブル期に調子に乗り過ぎた企業」という感じでしょうか? 「HERO」「LOVERS」という成功に気をよくして(=バブル期)、本業であるアクションをおろそかにして、色々なストーリー展開を
映画の日はハシゴ、「セブンソード」「シンシティ」を観る(少々ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 毎月一日は映画の日、しかも土曜という事で、昨日は映画を二本ハシゴしてきた。狙い
セブン・ソード [流行便乗・何でも詰め込み、デキの悪さもツイ・ハークには勲章かも] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
アクションシーンはさすがツイ・ハーク作品という感じ。かっこいい。CGとかモーションコントロールとかに頼らず、ワイヤーには頼りまくって、生身の体のぶつかり合いを美しく、かっこよく描く。 だけれども、シナリオ構成は、いろいろ詰め込みすぎで、中だるみしまくっている
『セブンソード-七剣-』を鑑賞 10回目in劇場  (-PARADOX- 映画 金庸 武侠)
以下には少々作品の内容について触れています 記念すべき10回目の鑑賞は劇場で観ました。もはや狂気の領域…。初回にも関わらず観客が多かったのが嬉しい。途中で泣いているおばちゃんもいた(笑) やっぱ劇場の大スクリーンで観ると迫力が全然違う!この作品を...
セブンソード (を!これいいんじゃない?!)
「Hero」「Lovers」に次ぐ!などと言われていた作品が公開されましたね 管理人はまだ観てないんですが、ネットで少し検索した結果 酷評に次ぐ酷評聯 まじで~~輦 まあ大好きなドニー先生が出てるという理由で見に行こうかな 同じように観に行ってガッ.
七剣-セブンソード- (シネマクロニクル)
『HERO』『LOVERS』に続く武侠大作という宣伝に疑問があったのと、 どうもブロガーの評判があんまりよくないみたいだったから、 ついつい友達に「おもしろくないらしいよ」なんて言ってしまった。 深く反省、反省。 映画は自分の目で観て確かめよう、という教訓の日だっ
「セブンソード」 (映画鑑賞検定3級blog)
CMを観て気になったので、ネットで調べるとツイ・ハーク作品で出演はレオン・ライにドニー・イェンにラウ・カーリョン先生と来た。これは行かねば、というわけで映画館にレッツゴー。でも「ヘブン・アンド・アース」の微妙な思い出があるのでレディースデーをチョイスする
セブンソード (サウンドトラック秘宝館)
SEVEN SWORDS(七剣 ) 監督: ツイ・ハーク  音楽: 川井憲次  出演: レオン・ライ、ドニー・イェン、チャーリー・ヤン、スン・ホンレイ、ルー・イー、キム・ソヨン 2005年 香港/中国映画 かつて香港のスピルバーグと言われたツイ・ハーク監督の最新作です
【セブンソード】 (映画deブログ)
『HERO』『LOVERS』に続く、中国武侠アクション大作。 でも前の二作品とはかなり違うタイプでした。 この二作の流れを継いでるなんて思ったら大間違いなので十分注意してください。 最初の何分間は何が言いたいのだろうか?など次々疑問が頭を過ぎりまし
続・セブンソード(七剣) (Liquid 4 Room)
うほぉー初トラックバック!! なんか嬉しいので続編を・・・ 感想文の後に普通継ぎ足しなんてしないんだろうけど・・ まぁそれはそれでいいじゃんw
「セブンソード」@東京厚生年金会館 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日2本目の試写会です。けど1本目と2本目の試写会の間にちょーっと時間があきすぎで直行するには…だったから御苑前のタリーズで時間をつぶして会場に向かったんだけど、一緒に見るあきちゃんがあーちゃんよりも1回遅い試写会で「蝉しぐれ」見てたのでギリギリになって
セブンソード 06年36本目 (猫姫じゃ)
セブンソード SEVEN SWORDS 七剣 日本の時代劇の後は、中国の時代劇。1600年代、清王朝の圧政に立ち向かう7人。7人っていうのが、荒野の七人 = 七人の侍 ?なんだケド、ま、よく似た感じではあります。 もう、ストーリー、簡単!痛快娯楽活劇は、こうでなく.