まみのちょっと一言

普段の生活の中で、気がついたこと、おかしいと思ったこと、ちょっといい話などについて、ちょっと一言いいたいことを発信

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10年前に政務調査費で有名人の講演会開催は違法であるとして損害賠償請求訴訟を行った。

 | Weblog

ちょうど10年前の2006年2月に、政務調査費を使って永六輔講演会が行われた。

2006年2月1日「永六輔講演会」開催

     2月3日 政務調査費で永六輔講演会 新聞報道

     6月14日 住民監査請求

     8月14日 監査請求棄却

     9月8日  津地方裁判所へ損害賠償請求を提訴

2008年5月29日 敗訴

     7月30日 名古屋高等裁判所へ控訴

2009年2月26日 逆転勝訴

富山市議会では、詐欺ともいえるような政務活動費の不正支出があり、12人もの議員が辞職した。補欠選挙の投票率は、26.94%

政治不信だからと言って、選挙に行かなければ、議員たちの思うつぼになるのではないだろうか。「どうせ変わらない」とあきらめて投票に行かないのが一番よくない。

自分たちのお手盛りで議員報酬を上げた議員たち。

議員報酬増額に、怒った市民が議会に関心を向け、地元新聞が政務活動費の支出について情報公開して、今回の不正が発覚した。

今回の不正発覚で議員報酬の増額はなくなった。

誰かが、厳しい目でチェックして、多くの市民に知らせることをしないと、「どうせバレない」と議員たちは、自分たちに都合よく拡大解釈して不正の温床になる。

ただ、市民は忙しいし、情報公開請求して、不正支出がないかをチェックするのは、時間もお金もかかるので大変である。

これからは、領収書をすべてインターネット上で公開することが必要だと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桑名市土地開発公社の解散に... | トップ | 学校給食費の無償化が広がり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL