尾道 百島物語~From/For Momoshima~人生航海 蜃気楼 百の伝結び

生きているだけで嬉しく喜ばしく、生きているだけで幸せと思う他なく、何れにしても、この上好い事は無いと思う。父より。

百合の気。

2017年06月14日 | 百の伝結び
今日は、隣町の春江町(坂井市)の「ゆりフェスタ」まで。

一面、様々な百合の花が、咲き誇っていました。









施設内の売店に入ると、何故か?・・福井の牛乳と広島のレモンサイダーが並んで売られていました。





広島レモンサイダーを飲んでしまうと、海を見たくなりました。

・・日本海へ。



右親指、右肘、右膝に、少々・・シビレ感があるので、バイクよりも車で、越前海岸まで参りました。



海に面したカフェ・レストランで、しばらく海を眺めていました。





食後のコーヒーを際立たせたのが、越前焼のカップ。



・・なかなかの陶器に感心してしまいました!



・・久し振りに、見惚れてしまいました。

百島にも、陶芸家の佐藤和紀さんが、備前焼・波の浦窯を運営していますが・・。

備前焼を「百島焼」へと改名すると、お好み焼きのようなイメージがあるので、「百島・波の浦焼き」へと独立独歩・進化できないものでしょうか?



「弁慶の洗濯岩」に立ち寄って、越前海岸から帰福。



ずっと、見ていると、気力が湧いてくるという・・石川県のどこかの寺院で頂戴した「気」という文字。



さまざまのこと、いろいろなこと、モノ・・書き遺します。



気合いだ。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紙の神さま。 | トップ | 歩くこと、寝ることが大事。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL