尾道 百島物語~From/For Momoshima~人生航海 蜃気楼 百の伝結び

生きているだけで嬉しく喜ばしく、生きているだけで幸せと思う他なく、何れにしても、この上好い事は無いと思う。父より。

七夕 小暑。

2017年07月07日 | 蜃気楼
自分の人生を振り返っても、七月七日が今日のように晴天だった記憶は殆ど皆無です。

今夜は、まん丸いお月さんが、青い夜に浮かんでいました。



天の川も眺めてみたいものです。

・・なので、今夜は、少し星空散歩。



天体望遠鏡を覗いて見ると、こんな雲一つない夜空にもかかわらず、木星と土星しかみることができませんでした。



「天の川を見たければ、街灯の無い山奥やそんな場所に行かないと・・」と係員のアドバイス。

・・短冊に願いを。



七夕に、満天の星が輝く天の川を見た人は、幸せなんだろうなぁ。

・・星に願いを。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚機 | トップ | 諸葛孔明 (181~234) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蜃気楼」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL