尾道 百島物語~From/For Momoshima~人生航海 蜃気楼 百の伝結び

生きているだけで嬉しく喜ばしく、生きているだけで幸せと思う他なく、何れにしても、この上好い事は無いと思う。父より。

しあわせリンク。

2017年01月29日 | 百の伝結び
今日は、駅前で「福井のクリエーターが選んだ逸品」という展示会まで、足を伸ばしました。







入場する前に、会場のビルのテラス広場で、思わず足が止まりました。

簡易即席的な小さなスケートリンクが、冬季限定でオープンしていました。



日曜日ということで・・大人気、大賑わいで、入場まで3時間ほどの待ち時間だとのこと。

この企画・・大成功でしょう。

楽しく滑る少年少女、親子の姿、スケートリンクを見る物珍しさも手伝って、しばらく見惚れていました。



・・スケート?!

スケートリンクを見たのは、ニューヨークのロックフェラービル前の広場?・・以来かな?

スケートを滑った体験?・・一度だけ?

遠い遠い昔で、確か・・中学3年生の時の冬休みに、保ちゃんと英雄と・・百島の始発の船に乗って、尾道にはないので、わざわざ福山のスケート場まで遊びに行ったこと。

高校受験前なのに、滑りに行った思い出です。

スケート場で出会った福山の中学生とたこ焼きを一緒に食べた思い出も。

思春期とは・・何だったのかな?

さて、会場に入りました。







クリエーターって・・広い意味で、職人もライターも写真家も全部含めて、創り手を意味するのでしょう。





福井の若きクリエーターの皆さん、福井というリンクだけではなく、日本へ、世界へと活躍の場(リンク)を、大きな舞台へと羽ばたいて欲しいものです。







帰り路、いつものようにプラネットドームに立ち寄って、「今夜の夜空の星」を堪能、居眠り。





ぼくも、クリエーターを目指すことにします。



もうすぐ、節分、立春です。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 志賀直哉 (1883~1971) | トップ | 厳島弥山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL