尾道 百島物語~From/For Momoshima~人生航海 蜃気楼 百の伝結び

生きているだけで嬉しく喜ばしく、生きているだけで幸せと思う他なく、何れにしても、この上好い事は無いと思う。父より。

私と仏。

2016年10月17日 | 蜃気楼
お月様が、浮かんでいる・・不思議だなぁ。

一昨日までの冬が来たような寒さが嘘のように、今日は、とても暖かくて、体調もよく、気持ちのよい一日でした。

寒いと・・どうも体調に変調が加わります。

明日も、明後日も、暖かいという天気予報・・有り難い。

今朝、川沿いを散歩していると、コハクチョウが水面で戯れていました。



シベリアから飛来して、少し休んでいるとのこと。

この後、琵琶湖方面まで飛んでいくようです。



書店に行けば・・早くも来年のカレンダーも手帳も店頭に並んでいました。

2年後は、明治維新150年だとのこと。

1968年(昭和43年)、明治100年の頃・・はっきりと憶えています。

それを考えると・・まぁまぁ生き延びたという実感もあります。

還暦が近づくと・・「譲る」という言葉が、とても大事に思えます。

「奪う」ではなく、譲れば・・善きことも悪しきことも「私心」が捨てられて、楽になれることに気がつきました。

私と仏・・私心と仏心・・よく似た文字です。



お天道様だけではなく、お月様からも見られているような秋の夜半です。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電通残酷物語 | トップ | ミニ・ストップ 卑弥呼の里... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL