ライオンの町でほのぼの暮らし

飾らない、この国でのローカルな暮らしを綴ってます。

小学校の準備

2016-10-19 16:06:38 | 日記
昨日は娘が行く予定の小学校に制服と教科書等の購入に行ってきました

今週はPSLE(primary school leaving examination)の採点期間なので小学校はお休みです。なので、この期間を利用して新しく入学する子ども達の物品販売等を校内でおこなうみたいです。

このPSLEですが、小学校の最終学年で受ける全国統一試験で、この成績によってセカンダリースクール(中高一貫校)が決まります

昔はこの試験で人生が決まると言われたくらい大変重要な試験で、これがあるので親は必死になって子どもに良い小学校に通わせ、塾に行かせて、勉強させてきたみたいです

日本の田舎で高校受験しか体験していないような私にとっては、自分の子ども達がそんな必死に勉強しないといけない環境に置かれるんだと思うと可哀想だし、私も既にストレス感じてま〜す

義理お姉さんはセカンダリースクールの先生やっているので、私も色々心配でシンガポールの教育システムのことを聞いたりするんですが、お姉さんの時代は本当にPSLEの結果が全てで、義理母にムチ打って勉強させられたっていてましたでもそれがあったから、シンガポール国立大学(日本の東大ですね)に入学できたのもあるし、感謝しているって言ってましたが、大変だったんだろうなーと思います

今はやり直しがきくシステムになっているそうで、そんなに心配すること無いよ〜って言ってたんですけど

で、話を戻しますと、制服を購入したんですが、


安い〜
シンガポールは年中夏なので制服はポロシャツとスカートだけです。
制服上下4セット、体育用の短パン2枚、靴1ペア、靴下6セット買って、合計130ドル(だいたい9800円くらい)
靴下は3足7ドル(530円くらい)でしたし、激安

もちろん、日本みたいに冬が無いんで、単純に比較はできませんが、とっても安い〜小学校入学ってものすごくお金かかると思ってたので、拍子抜けです

更にこっちはランドセルなんて無くて、普通のリュックでなので、これもかなり予算が抑えられるし

この話を日本にいる実姉としていて、姉には双子の男の子がいるんですが、
『2人分のランドセルを一度に買わないといけないから、2つで5万円は飛ぶわね〜』って言ったら、
『今は一つ5万よっイオンで買っても』って

そんなにするんですね〜
6年間使うとは言え、高すぎるー

こんな風に教育にかかる雑費とか私立に行った時の授業料とか考えてたら、日本ってすごくお金かかりますね

シンガポールはインターナショナルスクールや日本人学校等を除いたローカル校は全て国立になるので、授業料はタダですし、物価高いとか生活費高いとか言われるシンガポールですが、教育費が安い(国民にとって)って最高じゃないって思うのですが

とりあえず、勉強は大変だと思うんですが、楽しんで通ってくれたらなーと思います








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 伊勢丹のおにぎり♪ | トップ | 日本一時帰国まで後1ヶ月! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。