プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

歴代プリウスの中でベストとワーストは

2017年04月09日 | 4  車とエッセイ(燃費・車種・小物・他)
歴代プリウスの中でベストとワーストは

ある自動車雑誌で自動車評論家国〇氏が書いていた。

ベストは3代、ワーストは新しい4代と。

ご自分は第3代発表と同時にカタログデータに惹かれて予約購入したらしいので思い入れが強いのだろう。

4代についてもそこまで言っていいのかちょっと躊躇しているようでマイナーチェンジで良くなるだろうと配

慮はしている。

4代について

走り、燃費等については良さそうなのでデザインについて私見を。

最初は新車効果とやらでとてもいいと思った。ただしリヤの車幅灯を除いて。

ところが今になると前部のデザインも非常にみっともなく思えてきたのだ。

真中の丸いTマークが大きく犬か豚の鼻に思えてきた。

左右のランプは人間あるいは動物の目に相当するが、今回それは上下の幅が狭いので西洋人が東洋人に対して

抱く差別的印象「吊り上がった細い目」に見えてくる。

全体として不細工な動物に見えてくる。

目はパッチリ大きくした方がいい。

それにしてもトヨタのデザイン、なんとかならないのか。

デザインだけの車も燃費だけの車もだめ。


プリウスについて悪口を言うのが自動車文化人と思っている人もPHVについてはほとんどがほめている。

40万円安くして280万円からにすれば爆発的に売れるだろうに。

ぷりうすノーマルの売れ行きに影響してもPHVを売るべきと思うけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国のシリアに対するミサイ... | トップ | 地方移住ブーム 正しさと怪しさ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-16 17:25:06
個人的には日本の自動車評論家って信用してないんですよねぇ
メーカーで何十年とテストドライバーしてきたとか、レースやラリーの世界の一線級のレベルにいたとか
工学の学位をもちエンジリングが本業
デザインの本業

とういった経歴の評論家はほぼいない。
大抵が車好きが学生時代に編集社に出入りしてそのままつとめてフリー評論家に
もの書き屋であっても車にたいさて専門性の発揮できる分野をもっていない
そんな連中ばっかり

国○氏なんかもその一人
ラリーやってるけど…まあ下手くそである

2ちゃんねるの国○スレにウォッチされてるけど…あそこで自分のサイトの間違い指摘されるときになって監視してるらしく直ぐに修正して知らぬ顔してるのが笑える

コメントを投稿

4  車とエッセイ(燃費・車種・小物・他)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。