プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

 2016年第二世代プリウスプラグインハイブリッドが狙い

2010年09月23日 | 4  車とエッセイ(燃費・車種・小物・他)
2010年9月 内山田氏は米国で2012年発売のプリウスプラグインハイブリッドの価格が240万~220万円になることを示唆した。

これは光明だ。つまり現行第3世代のプリウスと変わらないことを意味する。
何事も初期不良というか初期要改善事項がでてきて第2世代はベターなものになるので第2世代プラグインハイブリッドにしたい。

ということは多分2016年になるだろう。今のプリウスを丁度6年乗るることになるので無駄・贅沢とも言えず具合がよい。


今回のツーリングで1500キロ走った。ということは途中での充電は意味がないことに。普段のチョイ乗りはプラグインで(ガソリン無使用)、ロングドライブは既存ハイブリッドでというのが最善。
この使用形態に適う。

ハイブリッドは電気自動車への過渡的なものという思考は間違いと思う。少なくもプラグインハイブリッドは違うと考える。

単なる電気自動車は盗用した技術と安くなるリチウムバッテリーで近隣某国のものになってしまうだろう。

提案 プラグインハイブリッドも電気のみでの走行距離を23キロ程度のものと45キロ程度にいたるものなど数種類にして販売したらどうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新幹線料金、高いままは変では? | トップ | プリウスタクシー乗車記 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

4  車とエッセイ(燃費・車種・小物・他)」カテゴリの最新記事