プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

役に立たない高偏差値大学出身、高難易度資格保持者

2017年03月15日 |  エッセイ
高偏差値大学出身者が目白押しの三菱や東芝で一連のテイタラク

難しい大学出身でお勉強ができるだけでは課題解決に結びつかない。

はるかに歴史の浅いスーパーカブを作っていたホンダの方がまともな飛行機づくりができているのではないか。

民間でありながら役所的な空気が漂う閉鎖的組織は選挙で選ばれる議員の差配を受けないことからかえってたちが悪いとされている。



これより後者の方に言及したい。

日本では昔から高文とか司法試験とか高難易度試験をパスしている者を崇める傾向がある。

民主党政権時代ですらそうだった。

在学中とか学部3年時に合格したものを敬い奉っていた。

がどうだったか。

全く冴えることはなかった。

今、I大臣のお粗末な言動が混乱を招いている。

難しかった旧法試験に短期間で受かったから大臣としても有効と錯覚しているのではないか。

法律的判断など事実に所与の法文を当てはめてどうのこうのというだけの次元の低い世界

条文の当てはめで解決できないのが現実の世界


弁護士、検事出身者よりその他大学出身で運転免許しか持っていなくてもはるかに有能な者がいることをお忘れなく。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソウル大教授と東京新聞 | トップ | 米国のシリアに対するミサイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。