プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

日本政府・メディアの不作為→韓国になめられるの構造

2017年01月04日 | 朝日新聞・マスメディア
釜山公使館前にまたもや少女像

10億円は何だったのか

朝日新聞は稲田が靖国へ行ったからかとの記事。これは相当な弁護的記事。

これじゃ韓国に不快なことがあるたびに少女像を建ててよいことになる。

朝日の記者は朴大統領にお土産をもらって得意げにネット記事を載せたこともある。

まるでエイジェント新聞みたい。元に戻りつつあるのか。


そもそも釜山市も国もコロッと態度を変えるのは、日本の様子を見てほとんど何の反対らしい反対が

ないことを見極めてからのこと。


サッカー日本代表の監督は言っている。日本人の気質に決闘のマインドがないことがゴールを獲れない理由

と。

正しいと思う。

合法的・理性的な批判行動をとったらどうなのか。

・金大中を拉致したことへの批判の意味で「おじさん像」を韓国大使館付近に建てる

・対馬その他への直行フェリーを廃止する

・通貨の点での協力を止める

・ビザを必要とする

などなど、いくらでもあるだろう。


不思議でならないのは韓国人が福島で文化財を100体以上破損したことに対し誰も憤っていないことだ。

日本人が韓国や中国で同じことをしたら暴動になっているだろう。

進歩的で文化的なコメンテーター各氏も沈黙。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糸魚川奇跡の木造住宅に感動 | トップ | 韓国への対抗措置とテレ朝の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

朝日新聞・マスメディア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。