プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

春樹とボブディラン

2016年10月14日 | 文の章
春樹とボブディラン

春樹は取れないとされている。

理由は

①メッセージ性がない通俗小説

②すでに世界に認知され莫大な富を手にしている人に与える必要はない
ということであろう。

もう一つ

授賞にあたっては既受賞者に推薦を求めているが同国の受賞者大江健三郎が推薦しないだけでなく嫌

っていることが大きいのではないか。

が、ここにきてボブディランの受賞!

影響するのではなかろうか。

また,歌詞でいいなら脚本、セリフの受賞だっておかしくはないことになる。

宮崎監督作品だって可能性が出てくる。

一見いいようだが収拾がつかなくなるかも。佐藤栄作やオバマの平和賞同様非科学部門の選考はいか

がなものかと思う。

やっぱり日本は科学中心がいい。この分野、もっと財政的にも応援すべき。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田さん不合格。小池さんす... | トップ | とてもおかしい朝日の投書欄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。