プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

2017年ノーベル文学賞、国籍のこと

2017年10月07日 | 文の章
 英国籍で日本人じゃないのに騒ぐのはおかしいなどと言う人も当初はいたが

 日本人の両親の元日本で生まれ二十歳過ぎまで日本国籍だったのだし、

 何しろご本人自身が日本文化、映画等の影響を受けていると言っており、国籍とは関係なく日本人

として喜ぶのはおかしいことではないと思う。

 作品自体、感情を大切にする日本的なものではないか。

 無国籍感覚、エログロの春樹よりずっとまとも。

 国籍を言うのだったらノーベル賞中のノーベル賞ともいえる南部さんも、青色LEDの中村さんだって

米国籍だったし。

 非難されるべきは、前からノーベル賞の声もちらほら出ていたのにそれを紹介せず、相も変わらず

ハルキ一辺倒の日本マスコミの馬鹿さ加減だろう。


 似た方がもう一人いる。ドイツ在住でドイツ語で作品を書き、クライスト賞を受賞した多和田葉子

さんだ。この賞受賞者でノーベル文学賞を獲った方もいる(ヘルタミュラー)。

芥川賞をはじめ日本国内の章も総なめ。

ドイツの永住権を持っているらしい。国籍はどうなっているか知らないが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不可解な武貞秀士氏の見解 | トップ | テレ朝 ショーン川上と保守... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文の章」カテゴリの最新記事