ゑんぢんぶろぐANOTHER!

環境の激変に当の本人が一番馴染んでいない現状…まぁぶろぐは二つとも変わらずまったりどうでもいい事をつらつら書くだけだが。

うだうだ

2017-09-25 13:35:04 | 映画
太陽が低くなってきた…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-09-21 10:01:20 | 映画
観賞作品:「トランスフォーマー/最後の騎士王」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「TRANSFORMERS:THE LAST KNIGHT」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をTRANSFORM!)



過去作④っ「トランスフォーマー/ロストエイジ」
過去作③っ「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」
過去作②っ「トランスフォーマー/リベンジ」
過去作①っ「トランスフォーマー」

イザベラ役のイザベラ・モナーちゃんが可愛くて可愛くてハァハァ←危険人物。リアルティーン・16歳をここまでやらせるのがハリウッド。



新三部作の一作目(じゃあ前作:ロストエイジは何だったのか←←)。

マーク・ウォールバーグっまとめページ…資料室(仮):「マーク・ウォールバーグ」が前作から続投。
三作目までのレギュラーであるジョシュ・デュアメル(「ムービー43」「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」「ニューイヤーズ・イブ」「トランスフォーマー(旧三部作…上記①②③)」)、ローラ・ハドック(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」)、アンソニー・ホプキンス(「マイティ・ソー」シリーズ「REDリターンズ」「ヒッチコック」「ザ・ライト -エクソシストの真実-」「ウルフマン」)、スタンリー・トゥッチ(「トランスフォーマー/ロストエイジ」「ハンガー・ゲーム」シリーズ「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」「ジャックと天空の巨人」「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」「バーレスク」「ジュリー&ジュリア」「ラッキーナンバー7」) and more...

とにかくスケールがデカい。CGが凄い。「それだけやん!」という声も多いが…「トランスフォーマー」だからそれでいいのだ。

本作の元ネタが日本生まれのアニメだというのを日本はもっと誇っていい。

是非とも大スクリーンで見るべき映画。

安定の5つ星GET!

「鑑賞評価:☆☆☆☆☆」

蛇足…バンブルビーの「あの能力」は予告で出さない方が良かったと思うが…。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-09-14 01:58:23 | 映画
鑑賞作品:「バーニング・オーシャン」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「DEEPWATER HORIZON」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をDEEPWATER!)



2010年4月20日に実際に発生した石油プラントの火災をベースにしたパニックサスペンス。

こうした「実話ベース」でかつ「本人」が証言する「裁判の映像」が添えられた映画を作れる…ってのがかの国の凄い所(「アメリカン・ハッスル」のレビューでも書いたが)。
例えば日本で「◯◯」の現場を映像に起こせるか?…絶対絶対絶対に無理(下手すりゃ△△される)。

プラント全体に漂う「不穏な空気感」(いいよいいよ)、上から目線かつ金の為なら少々の違反くらいは…の本社役員(あるあるやなぁ…でもそこがアレで後々…)、明らかにオカシイ反応…だがしかし「えぇい強行してしまえ!」(そろそろ来るぞwktk)、ひずみからアチコチに異変が…そしてついにキターーーーーーーーーーーーー!!!!(←はしゃぎ過ぎ)


マーク・ウォールバーグ(っまとめページ:「マーク・ウォールバーグ」)、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ケイト・ハドソン(「NINE」)、ディラン・オブライエンらが煤やら油にまみれながら炎と闘う。
(詳細なリンクはもう一つのレビューにて。)

懸命に、身体を張って現場を守り、惨劇を食い止めようとするスタッフ…対してコソコソと逃げ回る本社役員(←お前のせい)…そして絶体絶命…非情な死…。

時折挟み込まれる「他の視点」…ついさっきまで作業をしていたプラントが間近で炎上爆発する様を見る作業船、陸上でもどかしく見守るしかない家族、次々と届く情報と状況に最善を尽くそうと駆ける救助隊…。

単にサスペンス映画、で終わらない…独特の余韻。

「観賞評価:☆☆☆☆△」

蛇足…だいたい「◯◯」の現場で何が起こってたか想像が付くな(不穏発言)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-09-08 10:58:06 | 映画
観賞作品:「パワーレンジャー」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「SABAN'S POWER RENGERS」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をGO GO POWER RENGERS!)



ご存知日本生まれのスーパー戦隊がアメリカに渡り大ブレイクしたのが「パワーレンジャー」。本作も日本同様にシリーズ化や代変わりを繰り返し、何度目かの映画化。
(どことなく「トランスフォーマー」に似ている。)

やはりあのテーマソング「GO GO POWER RENGERS!」が流れるとアガるし、スーツ姿は結構イケテる。
しかもイエロー:ベッキー・G



とピンク:ナオミ・スコット(「オデッセイ」)がかなり可愛い←←



オチも狙ってるし…美味しいよなぁエリザベス・バンクス(「ハンガー・ゲーム」シリーズ「ムービー43」「崖っぷちの男」「スパイダーマン」シリーズ)。

ツッコミ所はもちろん少なくないが、シリーズが続く事を祈願してこの超絶甘々評価っ!!→だから続編作って!…お願いっ!

「鑑賞評価:☆☆☆☆☆」

蛇足…当初アメリカでのブレイクが凄まじく、東映は宝の山を手放したとまで言われた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-09-08 10:09:25 | 映画
鑑賞作品:「フリー・ファイヤー」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「FREE FIRE」

(切り口と画像が違うレビューはこちらをFIRE!※…懸命に作成中)



全般に渡り漂う「チンピラが背伸びしたけどそれなりの人材しか集まらなかった」感ww
何しろ「揉めるきっかけ」があまりにも安っぽ過ぎて草しか生えなかったww

物語が進むに連れ露になる騙し騙されな真相…疑心暗鬼の中で更に謎の襲撃者が登場。
どんどん対立関係が複雑になるのに…。

いわゆる「神視点」が挿入されない為に「何処に」「誰が」居て、この建物が「どんな構造で」「何処に」「何が有る」かが見ているお客に解らない…

…という致命的な欠陥が…。この「説明不足」については各種レビューでも賛否両論ある。もちろん全て説明する必要も無いし、そんなgdgdな映画にする必要は無いにしても…。

解らなさ過ぎると興が削がれる。

ブリー・ラーソン(「キングコング 髑髏島の巨神」)が意外にも上手く立ち回る汚れ役(というほどエグくはないか)。
相変わらず「クセモノ臭全開」のシャールト・コプリー(「ハードコア」「チャッピー」「マレフィセント」「オープン・グレイヴ 感染」「オールド・ボーイ」「エリジウム」「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「第9地区」)、
アーミー・ハマー(「コードネームU.N.C.L.E.」「白雪姫と鏡の女王」)、キリアン・マーフィー(「白鯨との闘い」「トランセンデンス」「ダークナイト」シリーズ「レッド・ライト」「TIME タイム」「インセプション」)
ジャック・レイナー(「トランスフォーマー/ロストエイジ」)。サム・ライリー(「高慢と偏見とゾンビ」「マレフィセント」「ビザンチウム」「ロシアン・ルーレット」)、ノア・テイラー(「記憶探偵と鍵のかかった少女」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「トゥームレイダー」)etcetc

どったんばったんからのラストシーンがかなり印象に残っている。

「観賞評価:☆☆☆☆×」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-09-01 22:37:35 | 映画
鑑賞作品:「新感染 ファイナル・エクスプレス」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「TRAIN TO BUSAN」「釜山行」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」にご乗車下さい! ※…懸命に疾走中)



主人公(?)コン・ユ(「トガニ 幼き瞳の告発」)、チョン・ユミ:鄭裕美(一歳違いで同姓同名の読みの女優「鄭柔美」さんが居るので漢字表記を併記…「トガニ 幼き瞳の告発」「人喰猪、公民館襲撃す!」)、マ・ドンソク(「クイック!!」「ミッドナイトFM」「グッド・バッド・ウィアード」)などなどなどがサバイバルトレイン(だけじゃない)するパニックサスペンス(だけじゃない)ムービー。

邦題に引きずられて「特急」内だけの話かと思(ネタバレ防止フィルター稼働中)…しかし舞台を変えても消えない疾走感…てか油断ならない映画だなおいこの野郎(注…誉めている)。

コレだけは声を大にして言っておこう。

単なるゾンビパニック映画ではない。

見ていて「没入」するというか、知らず知らずスクリーンの中の世界に巻き込まれていく…。

随所に見られる「容赦無さ」は相変わらずで…劇場内に時々響いた「ひっ!?」「えっ!?」といった小声がその証拠。

端から端まで張り巡らされた伏線、見逃すべからず。


…この熱量…たまらん。


「観賞評価:☆☆☆☆☆」

蛇足…ゾンビより何より…「人間」が一番怖いというお話。めちゃくちゃ面白いのに…もうちょい大規模公開してよ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-08-31 23:13:59 | 映画
鑑賞作品:「海底47m」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「47 METERS DOWN」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」に47m!)



基本「地味目で弱気な姉」と「ポジティブでリーダー的な妹」の二人芝居。
ドボンしてからが本チャンだが、チマチマと伏線も有るので陸上パートも油断禁物。

…これは一種の「[リミット]」パターンか(詳細は両方見れば分かります)。

画像を見てもお分かりいただけるだろうが…何というか「息が詰まる感」は凄い。…ウッカリすると勝手に呼吸困難になりそうな←

よくありがちなシチュエーションパニックムービーでありながら、見事に(たぶん?良い意味で)肩透かしを食らわせて来る。

期待値をテクニックで上回った映画(若干イミフ)。

「観賞評価:☆☆☆☆△」

蛇足…ブルネットのおねいちゃん:マンディ・ムーアは「ラプンツェル」の中の人(見てないから何とも…←←)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-08-31 11:15:53 | 映画
鑑賞作品:「LOGAN/ローガン」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「LOGAN」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をLOGAN!※…懸命に作成中)



過去作・関連作品についてはっ資料室(仮):「MARVEL映画(NOT MCU)」へGO!

XMENサーガの掉尾を飾る、ヒュー・ジャックマン(「チャッピー」「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」「ムービー43」「リアル・スティール」)の代名詞的なウルヴァリン:ローガンの最後の作品。
流石に17年も同じキャラを演じる(しかも不老不死みたいなキャラだし)のはツラいかな。

不死身の一因「アダマンチウム」中毒で身体も能力も弱ったローガンはヨタヨタのプロフェッサー:パトリックスチュワート(「テッド2」…えっ)とひっそりと暮らしたいと思っていた…が

謎の少女ローラ:ダフネ・キーンの登場(加えてその正体)、そしてローガンを追い詰める謎の男と組織…。

そして最後に立ちはだかる最強の敵とは…(これ、サプライズなんだがオレにはよく認識できなかったので、後で知った時の勿体なさ感スゴイ…)。

もちろん細かいアレは有るんだが、作品ごとのツジツマ合わせが割りと緩い「X-MEN」だから少しマシだったかな。

単なるアメコミではなく「切なさ」「無情」「過去と未来」をひしひしと感じさせる名作。

「X-MEN」シリーズでは最高の出来だと思う。

「観賞評価:☆☆☆☆☆」

蛇足…軽いネタバレなので要注意。









映画初出演でアクションの多くを自分でこなしたヒロイン(?)のダフネ・キーンが劇中早口でスペイン語をまくしたてるシーンがあるが、彼女は英語とスペイン語のネイティブなバイリンガルである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-08-05 23:30:41 | 映画
鑑賞作品:「ハードコア」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「HARDCORE HENRY」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をHARDCORE!)



また顔が映らない仕事してんのかシャールト・コプリー(「フリー・ファイヤー」←COMING SOON!「チャッピー」「マレフィセント」「オープン・グレイヴ 感染」「オールド・ボーイ」「エリジウム」「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「第9地区」)さんはww

…と思ったら全く違う展開でワロタ

途中までは「コレはギャグ映画なのか?」という疑問符だらけの展開だが、順を追って謎は解ける(そうでない映画も多々あるけどw)のでご安心を。

クライマックスのほぼ1vs100状態はどこで力尽きるのか…とハラハラしていたが…意外にも爽快感漂うエンディングで後味が良い(まぁ後ろ20分で何人タヒんでるのかって話だがw)。

観賞評価:「☆☆☆☆△」

蛇足…更にこの先がどうなって行くのか…という辺りでサクッとアレするのが「吉」。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっANOTHER

2017-08-03 09:20:13 | 映画
鑑賞作品:「ライフ」(2D・字幕版)

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「LIFE」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をLIFE!)



監督はダニエル・エスピノーサ (「デンジャラス・ラン」)…随分違う畑だな←どっちが本流なのかも知らんが。
ジェイク・ギレンホール(「複製された男」「ミッション:8ミニッツ」「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」)、レベッカ・ファーガソン(「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「ヘラクレス」)、
ライアン・ゴズリング(「ラ・ラ・ランド」「ドライヴ」)…ではなくライアン・レイノルズ(「デッドプール」「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」「テッド」「デンジャラス・ラン」「グリーン・ランタン」「[リミット]」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」)、
そういえば「サンシャイン2057」(↓)でも似たような役どころだった真田広之(「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」「ウルヴァリン:SAMURAI」「スピード・レーサー」)。



「未知の生命体」との出会いはそんなにハッピーなモノばかりではない、というお話(あらすじ終了←)。

しかし大人の事情とはいえ成長が早すぎやしませんかね?…なんてツッコミは他のツッコミどころが多くて雲散霧消←

その辺よりも…実は一番怖いのは…(比較的サラッと描かれているが)いざとなったら平気で◎◎を▼▼しようとする◇◇の行動の方かも。

「観賞評価:☆☆☆☆△」

蛇足…ラストシーン間際で「…そういや◯◯が△△だって明らかにはなってなかったよな…?」…なんてイヤな予感がしたらなんと□□してしまった…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加