第八芸術鑑賞日記

評価は0.5点刻みの10点満点で6.0点が標準。意見の異なるコメントTBも歓迎。過去の記事は「index」カテゴリで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

善き人のためのソナタ(2/10公開)

2007-03-18 00:39:06 | 07年2月公開作品
 2/25、シネマライズにて鑑賞。6.0点。
 アカデミー外国語映画賞を受けたドイツ産社会派サスペンス。
 東西ドイツがまだ分かれていた1984年の東ベルリン、国家保安省(シュタージ)のヴィースラー大尉は、劇作家ドライマンの家に盗聴器をしかけて監視することになったのだったが……(社会主義国家における芸術家はおしなべて反体制だ)
 映像にもストーリーにも奇抜な工夫は一切なく、いたって堅実な演出で進む。にもかかわらず観る者を飽きさせないだけのサスペンスを生むことに成功しているのは、本作が映画の王道をしっかりと歩んでいるからだろう。
 ただし、登場人物たちの情感を表現することにかけてはやや難がある。そのために、大尉の心情が徐々に変化していく過程に説得力が感じ取れない。その変化の根拠を「善き人のためのソナタ」だけに負わせてしまうのは無理があるだろう。
 本作の魅力は最終的にはラストの台詞に尽きる。悲愴なクライマックスの先に待つその一言は、洒落たダブルミーニングを用いた秀逸なものだ。
 映画史に残るというほどの作品には思えないが、堅いつくりの佳作だ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋谷という街(雑記) | トップ | 秒速5センチメートル(3/3公開) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

07年2月公開作品」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

善き人のためのソナタ (映画通の部屋)
「善き人のためのソナタ」 DAS LEBEN DER ANDEREN/製作:20
#34.善き人のためのソナタ (レザボアCATs)
素晴らしい傑作!アカデミー賞受賞の一日前に、見に行って、「これ、(外国語映画賞)取れるといいね~♪」なんて言ってたのですが、そうですか、やはり、取りましたか!納得です。私、アカデミー外国語賞はいつも気になってしまうんですが、この作品も、本当に傑作と自信...
★「善き人のためのソナタ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みもシネコン2軒はしご。 1本目は川崎チネチッタで、今年のオスカーで外国語映画賞を獲得したドイツ映画。
『ブラックブック』&『善き人のためのソナタ』のセバスチャン・コッホ! (映画『ブラックブック』公式ブログ~バーホーベンはお好き?~)
『ブラックブック』を宣伝している間に勝手に人気が急上昇したのは '''アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『善き人のためのソナタ』'''にも出ている '''セバスチャン・コッホ'''でしょう。 ヒロインのエリスが憎むべ...
『善き人のためのソナタ』 (たーくん'sシネマカフェ)
評判が良いため、せっかく都心し来たので鑑賞することに。この「善き人のためのソナタ」は旧東ドイツの冷戦時代の出来事を描いたもの。監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ...
[ 善き人のためのソナタ ]ラスト1分、涙腺決壊ス (アロハ坊主の日がな一日)
[ 善き人のためのソナタ ]をシネマライズで鑑賞。 今年イチオシというのなら、僕は迷わず本作をオススメする。 監督は弱冠33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。2007年アカデミー賞 外国映画賞を受賞している。この映画を観れば日本代表の[ フラガー...
「善き人のためのソナタ」 (シネマ・ワンダーランド)
旧東ドイツの監視社会を描いた映画「善き人のためのソナタ」(原題:他者の人生、2006年、独、138分)。2006年のアカデミー外国語映画賞やNY批評家協会賞などを受賞。監督は弱冠33歳の新鋭フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。本作では、ファシ...