gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小沢氏、米国に注文「訪米するならそれなりの…」(産経新聞)

2010-02-18 01:50:57 | 日記
【小沢幹事長ぶらさがり】(3完)14日

【政治倫理審査会】

 ――政治倫理審査会等国会の場へ自ら出向いて積極的に説明する考えはあるか

 「いや、どこでも、私は、話しますけれども、だって政治倫理審査委員会であれなんであれ、検察の捜査に勝るものないでしょう。そうじゃない? そりゃ強制力をもった捜査なんですから、それですべてを調べていただいてその結果、あー、不正なカネももらってないし、不正なこともしていないということが明らかになったんですから、私はこのことをもって国民皆さんが、はっきりと理解していただけるものと、おー、そのように思っております」

【訪米】

 ――訪米について調整していると思うが、いつまでに結論を出す考えか

 「分かりません。これはもう、私が行きたい、つって頼んだわけじゃありませんから。向こうの方でぜひ、期日まで向こうの方で話しあって、ゴールデンウイークにぜひおいでいただきたいということでございましたので、『それじゃそれは正式な招待ですか?』と。(キャンベル国務次官補は)『正式なものです』と。いずれ文書なりなんなりの形で改めて招待したいということでしたので、今、なんかワシントンが大雪で身動きとれないそうですから、まもなく党に対して正式に話があるというふうに思っております。それがあって、どうするかっちゅうことで決めたいと思います」

(「もういいですか」、とぶら下がり打ち切りを告げる声が入る。小沢氏は続ける)

 「ちょっともう一つ。マスコミの皆さんが、ちょっと勘違いしておられるけれども、別に私はあの、次官補にもいったんだけど、『内外の政策問題について話し合う立場ではない』と、私どもは。ですから、あー、幸い、というか、たまたま日米同盟50周年の記念ですから、私ども民主党としていく場合には、あー、日米同盟のよりいっそうの発展、友好親善ということで参るということでありますということも言ってありますし、別にオバマ大統領と私が会談をしたいなどということを言ったわけではありません。ただ、そういうことでみんなが行った場合は、あー、アメリカ側も、それなりの歓迎を、対応をしてもらいたいという意味であって、僕自身があの、会談をしたいとかするとかということはまったく念頭にありません。これ、中国のときもそうでして、別に僕中国にいくときも皆さんにもいつも言うけど、別に会談しにいくんじゃないと。会談するならするで、それはきちんとした立場とテーマがあってなら会談するけれども、友好親善のための会合だというふうにいつも言ってんですけど、まあ、中国の場合はそれでも何としても、という毎回そういう申し出がトップの方からあるもんだから、会談という形をとりましたけども、別にそれが目的でもありませんし、今度アメリカにいくとしても、それが目的ではありません。ただ、日米、50周年の日米同盟の記念すべきときなので、アメリカサイドもわれわれがもし行くとしたら、それ相応の対応をしてもらいたいということを希望しただけです」

【関連記事】
(1)「ネットやラジオの世論調査は反対の数字だ」 小沢幹事長ぶらさがり
(2)小沢氏、検審を牽制?「強制捜査で私だけ…」 小沢幹事長ぶらさがり
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
男の退き際とは…引退・朝青龍と続投・小沢、進退の差
党利党略が最優先!?民主、石川被告を徹底擁護のワケ

<訃報>滝井禧夫さん74歳=元北海道テレビ社長、同相談役(毎日新聞)
防衛力懇談会座長に京阪・佐藤氏(時事通信)
11年かけ自転車で地球2周 植村直己冒険賞に中西さん(産経新聞)
米管理団体 「マイケル」使うな グッズ関連業者を提訴(産経新聞)
検察側、無罪求め謝罪=足利事件再審公判-宇都宮地裁(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユキヒョウ 世界最高齢、パ... | トップ | 小沢氏らに説明義務=鳩山首... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。